FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

7月7日の出水

 延々と近畿上空に居座る雨域、5日から雨が降り続き近畿のみならず九州、中国、四国、中部でも多くの出水があった。ほとんどのダム・堰が洪水調整に入ったようだ。5日夜に災害対応のため徹夜をして昨日6日昼頃、帰宅しようと職場を出たのだが公共交通機関は大半が運行見合わせ。特に神戸から明石間については新幹線も含み通っていなかった。
 結局帰宅は諦めまた職場(大阪)に戻ったのだが、夜10時半頃JRがようやく動き出した。この時間に出て、途中で止まってしまうとどうしょうもないのだがどうしても帰らねばならない事があったため再度帰宅を試みた。
 結局乗った電車はおそらくは数少ない(1~2本?)快速で御着行きであった。途中の西明石で全ての普通からの乗り換え街をしたため、約1時間止まりっぱなしだった。自宅に帰り着いたのは今日の午前2時前であった。
 朝起きて自宅前の水田を見ると、一面泥水状態。隣接する畑も水没していた。
水田水没
出水があると加古川大堰からの取水は止める事になっているのであるが、用水路は満水である。
用水路は満水
下流への速やかな排水のため途中にあるゲートも全て全開してある。
ゲートは全開
しかし、水は水路を越えて畑や道路の低い所を流れている。
畑も水没
加古川線の線路まではあと30センチくらいか?
加古川線に迫る水
加古川の本川も水は高水敷を上回り川幅一杯に流れている。河川公園にある四阿の屋根だけが見えている。
加古川出水
加古川大堰は既に全開しており、下流にある県の排水機場も稼動しているようであった。
全開
 我が家の前を流れる用水路は上流からの雨水の排水も兼ねている。加古川大堰よりの取水を止めたとしても内水を集めている曇川の水位は高いままであり、加古川本川も大堰全開で水位が高く、途中にある樋門からは排水出来ない。2~3年前にポンプが増強されたポンプ場からの排水もいまいち少ないのではないか?
 午後より雨足が若干弱まり加古川本川の水位が少し下がってきたようで良かったのだが、この度はエリアメールが2回鳴り地元に避難勧告も出た。これ以上降ったらもう床下浸水くらいにはなっていたかも知れない。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する