FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

稲刈り

稲刈りをしました。綺麗な秋空の下で、父親と一緒に。今日は全体の半分が終わり、残りは明後日やります。なぜか?それは、稲刈りは籾の乾燥機の容量によって必要日数が決まるのです。つまり、乾燥機容量が大きいとそれだけ多くの籾が一度に乾燥できるため、日数も短くてすむのです。 乾燥機の稼働時間は約10時間ほど。灯油を間歇的に燃やし、その熱気をファンで循環させるのです。昨今の農業機械はかなり高級になってきており、一定時間毎に乾燥機の中から籾をサンプリングし、自動的に圧縮して水分を測る。それも1測定当たり5回ほどのサンプリング及び測定を行い、その平均を算出し、もし、設定値に達していたら自動的に乾燥機の電源を切る・・・という機能があります。 この他に、乾燥機自体も一定の温風を送るために、コンピュータが間歇燃焼のデューティータイムを制御しています。稲刈りはコンバインハーベスタで行いますが、これは稲刈りと脱穀を同時に自走で行う機械であり、搭乗して操縦します。この機械も稲の背の高さに応じて自動的に籾の部分が脱穀部のドラムの最適位置に行くよう制御され、刈り取りも機械の進行方向を稲の株間で判断し、自動制御を行っています。だから、乗っていてもあまりすることがないのですよ。 この他に、ロードセルを使用した選別及び計量器があり、セットした重さまで米が袋詰めされると自動的に排出口が締まるという機械もあります。一昔前、大半の作業を人手に頼ってきた頃とは隔世の感があります。 でも、これらの機械、結構高価で農業収入のみしかない場合は購入は恐らく無理でしょうね。(機械貧乏という)
20071006204530.jpg 20071006204540.jpg 20071006204549.jpg 20071006204601.jpg
20071006204609.jpg 20071006204619.jpg 20071006204627.jpg 20071006204636.jpg
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

美味しいお米が取れた様ですね。
 どうも米に関しては不信感が根っこに有りまして旨いと思っても素直に「旨い」と言えない自分が居たりします。
 先は急ぎませんので精米が終わり次第ご連絡下さいマセ。

うんちく | URL | 2007年10月07日(Sun)19:06 [EDIT]


うんちくさん
本日稲刈り第二弾終わりました。昨日刈り取り分は乾燥も終わり、脱穀も完了しました。後は精米して発送可能状態となります。自家精米が可能なので、精白度合いはご希望に応じ調節できますのでご指示くださいませ。
なお、我が家で栽培している銘柄は「日の光」という名前です。

四方山果無 | URL | 2007年10月07日(Sun)20:46 [EDIT]