FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

映画「沙羅の花の峠」

映画「沙羅の花の峠」 古い映画である、1955年 日活映画、南田洋子、宍戸錠が出演。 最初湘南のとある田舎町で若者4人、また別のグループとして、田舎の村の人たち4~5人が逢うところから始まる。

場所は萱野駅である。田舎のグループはバスで来た。そしてまた、二つのグループが出会ったところにさらに別の人物が現れ、先頭きって歩いていく。行く先は検察局萱野分室というところである。 場面は変わって、若者6名が山深いところにキャンプに来たシーン。若者の若々しい、姿、歌声、そして踊りまわる生き生きとした姿は、現在の若者の感情の発露とはまた違う、直接的なイメージを抱いた。さわやかなシーンである。特筆すべき点は若き日の南田洋子である。今は長門洋行の嫁さんのイメージしかないが、むちゃむちゃきれいだった。多分二十歳前後の時であろう。 若者グループは峠で沙羅の木を見つける。沙羅の木は満開であった。若者達はその峠を沙羅の木の峠と名づけた。若者の一人は峠からふもとを見下ろし、小さな村を発見する。その村の広場では子供たち10数名がおみこしの練習をしていた。昼食時になったところ、御神輿の練習をしていた子ども達のなかの一人がおなかが痛いといって倒れた。たいへんなことだと村人たちが大勢やってきた。若者たちも、いそいで峠を降り、村に向かった。 村では本家の長男ということもあり、大勢の村人や区長が見舞いに来て、薬草や祈祷師のおばさんも連れてきた。子どもはお腹が痛いとうなっており、南田洋子が見ると急性盲腸炎のようであった。薬草を煎じたものを村人がのませようとすると、南田が止めた、そのことや、他のささいなことで、村人と若者とのいさかいが発生した。村には医者がいなかった。南田洋子はインターン生であった。 結局南田洋子の言葉に従い、若者3人と、子どもの叔父が他の村へ医者を探しにいくことになった。付近の村にも医者はいなかった。ある医者は旅行中であった。ある医者は中風で自分自身が医者にかかりたいと、いっていた。そしてある医者は飲んだ暮れて昼間から寝ていた。その医者をリヤカーに積み、自転車で引っ張って村までつれていくことになった。途中自転車を借りた製粉所のおやじも連れて行く。(このおやじ、町会議員に立候補し、落選している。それをわらったくだんの医者がこの町会議員に告訴されたのが物語の発端なのである。) 子どもの状態はさらに悪くなり、戸板にのせて医者のいるところまで運ぶことになった。村中がそのあとをついていくのである。結局苦労の末、酔っ払いの医者を乗せたリヤカーと、病気の子どもを乗せた戸板は沙羅の花の咲く峠で無事落ち合うのである。そこで、盲腸の手術が始まる。若者達は飯盒に湯を沸かし、メスや箝し、はさみ等を消毒し、南田洋子の補助により酔いどれ医者は手術を行い無事成功する。その夜は子どもの家で子どもが無事助かった祝いを村中あげて行われる。 書いてしまえばたいしたことはないが、実は、子どもを運び出すこと、手術をすること、それに至るまでには村の古い慣習と南田洋子達若者との感覚の差が非常に大きかった。かたや昔からの言い伝え、迷信、呪術の世界、かたや、現代医学と現代の合理的考えの葛藤がそこにあった。祝い半ばで若者達はキャンプへと返っていき、そこでその日にあったことについての話がされるのである。南田洋子が意志を志したわけとか、きょうの出来事に深く感動したこととか。 そしてクライマックスは最初の検察局萱野分室に戻る。手術をした医師はじつはにせ医師であった。ましてや獣医であった。野戦では医師のまねごとをやっていたので命にかかわるような事態になったとき、たのまれてしかたなく医師のかわりをやっていたのである。そのにせ医師を製粉屋が告訴したのである。若者達はその事実経過を検察より問われたのである。結果的には緊急非難措置ということで、罪にはならないが、にせ医師の言った言葉、そして、検察官の問う言葉が1955年当時の社会状況を反映している。その当時たくさん存在した山村における無医村の状況をである。 「なぜ、医師のやる行為をしたのだ。」「たのまれたからやった。医師がいればやる必要はない。」「なぜ、医師がいないのか?」「それは商売にならないからだろう。」「医師は商売か?」そしてその言葉の後、にせ医師も、検察官も黙ってしまった。そしてendである。この演出はすばらしかった。 1955年(昭和30年)、私がまだ生まれる前である。戦後10年というまだ戦争の傷が消えない時期、溌剌とした若者達の姿は明るい未来への展望を期待させ、合理的、科学的生活および社会と、慣習に縛られた古い生活との対象があらわされている。にせ医師の行為はヒューマニズムとともに無医村という社会問題をそこに浮き上がらせている。それから52年を経た現在、社会や生活ははるかに合理的、科学的になり、そして、豊かになった。古い慣習はなくなり、呪術や迷信により命を落とすようなことはなくなった。しかし、南田洋子達が紛する若者達が表現していた若々しさ、純粋さ、真っ直ぐに進んでいくまじめさ、自分はなにをしなければならないかということがわかっている自立心というものが今の若者達にはどれほどあるのだろうか。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する