FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

ボンネット交換

ヤフオクでボンネットをゲットした。PA95のものである。私の96はかなり悲惨な状態で、このボンネットを塗装して付け替える予定である。
20070828221829.jpg

20070828221839.jpg

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

程度の良いと言う117でも先端部は大なり小なり錆てますよね。
 先端で水が溜まり易い上に袋構造になっていて更に電蝕を誘引するステンレスモールが付いているから更に錆びるの三重苦みたいなもんです。
 ウチのPAもモールとの接触面は殆ど全滅状態で錆を除去したら殆ど消失しました。
 結局穴に合わせて小さなパッチを鉄板で作りフランジ無しの突合せ溶接したもののバッテリー溶接ではかなり厳しくあちこち穴が残りパテとハンダで塞いで残った穴から「サビ一番」を流し込んでおしまい。
 この次にサビが出易いのは裏骨と表の接合部なんですがここは隙間に挟まってる樹脂を一旦撤去した後同様に「サビ一番」を流し込み漏れた分はシンナーを含ませたウェスで拭き取りオシマイ。
 「サビ一番」って上塗りが出来ないのと乾燥が恐ろしく遅い事を除けば安くて効き目の有る防錆塗料だったんですが何故か製造中止になっちゃいましたね。
残念

うんちく | URL | 2007年08月29日(Wed)20:23 [EDIT]


うんちくさん
私のPA96も先端部はご指摘のように悲惨な状態でした。私の場合は袋部にむりやり裏から穴を開け(すでに錆穴も多かったのですが)油差しにPOR15を入れて吹き込みました。しかしながら被害は其処だけでなく、長期間シートを被せて放置していたため、塗装自体が浮いてきて、スクレーパーで剥がすとその下は結露したのか水が出てきました。サンダーにカップワイヤーブラシを付けてその部分を剥離し、パテ盛りしたのですが、薄く広範囲にパテ盛りするのは非常に難しく、仕上がりは見られた物ではありませんでした。さらにコンパウンドで磨いていると地肌が出てきて、缶スプレーで補修塗装をすると、そこだけ塗装が浮いてくる・・・という涙なしには語れない物語があったのでした。
この度手に入れた逸品は、塗装(白)もしっかりしており、そのまま荒らしてサフ、シルバーメタ、クリヤーが塗れそうなのでかなりの改善になると思います。ただ、ボンネット裏にはPA95、51年度排ガス規制関係の配管ステッカーが張ってあるので剥がそうかどうしょうかと考えています。

四方山果無 | URL | 2007年08月29日(Wed)21:38 [EDIT]


 開口部のゴムパッキンの付き方が、ボンネット側につくのか、ボディ側につくのかで違うんですよね。
 まあ、簡単にどちらかに揃えることはできるとは思います。自分のクーペのボンネットは、新車時のものを1枚目とすると、4枚目です。(^^;

keiji117 | URL | 2007年08月30日(Thu)13:05 [EDIT]


keiji117さん
>開口部のゴムパッキンの付き方が、ボンネット側につく
>のか、ボディ側につくのかで違うんですよね。
そ、そうですか。知りませんでした。PA96はボンネット側なので交換するボンネットにゴムを取り付ける手だてが必要そうですね。ビミョーな違いがあるものなのですね。

四方山果無 | URL | 2007年08月30日(Thu)22:27 [EDIT]


いずこのクーペも錆びは似たり寄ったりです。
若い時に新車で購入した96XCは、一週間目より天井のモール際に錆が出て来て、錆とのたたかいでした。

ですから錆びの無いクーペを探して96XGを手に入れたのですが、追突されてしまいました。

今、我家のHMも足元から道路が見える始末です。
どうしてと言っても、結果ですから。

ハッピーリバー | URL | 2007年08月31日(Fri)22:57 [EDIT]


ハッピーリバーさん
新車1週間で錆はちょとキツイですね。私は中古ばかりですが3台乗り継いできて、いずれも同じような所が錆びていました。3台目が現在のPA96なのですが、12年間、廃車して雨ざらし状態でしたので、レストア時には随分手を入れました。絶対新車にはもどりっこないのですが、少しでも綺麗にしてやりたいと思うのです。この流麗なスタイルに魅了されているのです。

四方山果無 | URL | 2007年08月31日(Fri)23:15 [EDIT]