FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

神子畑鋳鉄橋見学

折角の休みなので、ほんのちょっとだけ観光してきた。兵庫県北部にある神子畑にある鉱山跡及び日本最古の鋳鉄製の橋を見てきました。 神子畑(みこはた)鋳鉄橋は明治時代、神子畑にあった選鉱場にて選別された鉱石を生野鉱山に運ぶために整備された橋であり、長さ約16mのアーチ橋です。日本で最古の鋳鉄橋と言われるこの橋は国道429号線の傍らにひっそりとありました。現在は橋も昔の道もつかわれていなく、かつての道は閉鎖されていました。 この橋は神子畑川という小さな清流に架かっている橋で、川に降り橋の下を見る琴が出来ます。明治16年製のこの歴史ある橋は当時の素晴らしい造形美と力強さを見せてくれます。 その後神子畑選鉱所跡へ行きました。広大な斜面にコンクリート作りの構造物とその下には巨大なすり鉢状のものが。今は閉鎖されているこれらの構造物はだんだんと朽ちていっているようで、かつての繁栄の跡の遺跡のような雰囲気でした。その隣には鉱山再開発のためフランスから招請されたフランシスコ・コワニエ・ムーセの住んでいた住宅が復元され、写真館となっていました。
20070824172851.jpg 20070824172839.jpg 20070824172906.jpg 20070824172920.jpg
20070824172934.jpg 20070824172949.jpg 20070824173002.jpg 20070824173026.jpg
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する