fc2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

2023年の総括

今日は大晦日である。日々が過ぎ去っていくのを速く感じるのは歳を取ったからだとよく言われる。それは日々の出来事に対して感動することが少なくなったからなのだとか。確かにそれはあるだろうなと思う。今までに多くの事を経験してきたからね。でも、漫然と生きていてはそれこそ人生はすぐに終わってしまうのだろう。今年の最終日でもあることだから今年1年間の総括をして来年に生かそうと思う。
国会図書館検索

つづきを表示

スポンサーサイト



PageTop

書評「長く高い壁(The Great Wall)」(浅田次郎)2018年2月角川書店

 1938年、日中戦争の時に発生した奇妙な事件、匪賊の襲撃でやられたという結論にしておけば誰も疑うことが無いこの事件に、その当時名高い探偵小説作家が派遣され、その謎を解こうとした。派遣を指示した者の思いはいったいどこにあったのか。
 事件の概要は万里の長城の麓にある「張飛嶺」そこに駐屯していた大隊1000名が武漢に向かって行軍を開始した後、そこには30名だけが残された、この残された兵士たちが実はとんでもない者達であり、犯罪者ややくざ、兵士としては役に立たない者たちばかりであった。10人を1班とし、3交代で「張飛嶺」の防衛にあたっていたそのうちの1班が銃撃も無い中で全員死亡していたのである。
長く高い壁

つづきを表示

PageTop

今年最後の樋門調整

(これは昨日、30日の事です)
今年の樋門調整は今日で最後です。
内樋門
2日に1度の樋門調整、今年も何とか終える事が出来ました。
荒ヶ瀬樋門
この荒ヶ瀬樋門は出水時及び、県の排水機場試験時に開閉しますが少々ハンドルが重くなってきました。
グリス切れか、はたまた老化(操作員の・・・)か💦
曇川
五ヶ井農業用水が流れている県管理の1級河川、曇川です。加古川堤防との間の樹木、切らないかな~。
水位表示
内水位は1.23m、調整する水位は1.15mなので8センチほど高いが今の時期は維持用水のみなのでこのままで良いことにする。
開度表示
開度表示は1号、2号共にゼロ。全閉状態です。
放水路
本川側の吐きだし口には漏水している分しか流れていません。
1枚目の写真に写っている黄色いゲートは次年度早々より改修工事が始まるようです。
今までは動かずのゲートだったけど、改修して稼働させるようなのです。
別に今のまま外樋門で治水操作も利水操作も出来るので問題は無いと思うのだけど、改修するそのココロを近々聞いておかねばと思っている所です。
たとえ改修されたとしても、内樋門は国の物、これからも十分な管理をしていただかねばなりません。

PageTop

年末の挨拶回り(その13)

(これは12月26日の記事です)
12月4日にスタートした、あいさつ回りも本日が最終日です。
この日は大阪市内2か所、松原市内1か所の計3か所。
今回はトータル13日、約55か所の客先、協力業者等を回りました。

PageTop

年末の挨拶回り(その12)

(これは12月25日の記事です)
年末のあいさつ回りのいよいよ大詰めです。
今日と明日、大阪市内及びその近隣の同業者、協力業者さんを回ります。
今日は市内の5社。
水耕栽培野菜
これは訪問した1社のエントランスにあったもの。
拡大
野菜の水耕栽培システムですね。
太陽光のかわりにLED照明が使用されています。また、植物が刺さっているパイプの中には液体肥料の混合された水が循環しているとのことでした。なかなか興味深いです。
味万
昼食は心斎橋で、有名なお店なのか随分と人がならんでいました。
カレーうどん
カレーうどんと天むすのセット。GOOD!でした。さすが人が並ぶだけはある。
湊町リバープレイス
その後は湊町リバープレイスの近くの業者さんへ行き、本日は終了です。。

PageTop

ヘアリーベッチの発芽確認

(これは昨日のことです)
来年の水稲のための緑肥として蒔いていたヘアリーベッチ(ヘアリーベッチ蒔き)
どんな芽を出すのか不明だったので発芽しているかどうかわからなかったのだが、
先日、一緒に用排水調整委員をしている中津のSさんより教えてもらった。
ヘアリーベッチ
少々分かりづらいのですが、写真の中に矢印で示しているのがどうやらそうらしい。
種まきをしたのは11月19日だったので約1か月ほどで発芽したのではないかと想像する。
拡大
(出典:webより)
このような花が来春には咲き、マメ科の植物なので根粒により空中窒素を固定して、窒素肥料となります。
tonarino.jpg
(出典:webより)
ゆくゆくはこのように繁茂するはずなのですが、種まきした後、大量のハトが団体さんで訪問され、一生懸命何かを拾っているのです。よくよく考えるとカラスノエンドウみたいな豆なのでハトにとってみても恰好のごちそうだったんでしょう。
食べ残しがあることを期待するより仕方がないかなと💦

PageTop

ネギに囲いをした

(これは昨日12月23日の記事です)
ネギ畑に囲いをした。前々からしようしようと思ってはいたんだけど、なかなか重い腰があがらなかった。
ネギ畑
ネギに囲いをpするのは白ネギ部分を長く育てるために、成長するに従って土を根元に入れ、上へ伸ばすためである。
ネギ囲い
使い古した「畔シート」を必要な長さに切り、ネギを囲ってから杭で止めるだけなのだ。
もっと早くやっておけば早くに白ネギが食べられたものを💦
ブロッコリー脇芽
さて、ここ暫くでようやく葉物野菜が成長してきた。また、ブロッコリーは一通り主な花は収穫出来、引き続き脇芽が沢山!そして大きく成長してきた。年によっては脇芽の成長が非常に悪い年もあるのだが、いったい何が原因となっているのだろう?
チンゲンサイ
チンゲンサイは少々小さいが収穫中。
ニンジン
ニンジンは先日奥さんが間引いてくれて成長中。
ほうれん草
ほうれん草も収穫中。
小松菜
小松菜ももうすぐ収穫できます。
葉物野菜、今年は蒔くのが少々遅かったが、何とか追いついてくれました。

PageTop

地蔵堂のお守り

(これは22日のことです。)
地元より役割を仰せ付かっている地蔵堂の掃除(お参り)に行ってきた。
9月から毎月なので今回で4回目。役割は半年間なので後2回である。
地蔵堂のお守り

つづきを表示

PageTop

終活?

以前行った長野でのノスタルジックカーフェスティバル、その実行委員会から今年も案内のパンフが来た。
今年のパンフの中に、こんなチラシが入っていた。
愛車の終活パンフ面
「愛車の終活をお引き受けいたします」だって。
スクラップにでもするのかなと思って読んでみたら、旧車の売買仲介の広告のようです。
パンフのキモ
ただし、この企業の”キモ”はオーナーの希望を最大限生かした受け入れ先を探す、販売価格をオープン(家族に対しても)する、手数料は販売価格の10%とのこと。
まあ、今まで大切にしてきた古い車、その価値は自分においては最大であるため、我が亡き後まで心配になるという心理を突いた商売ですね。
確かに旧車と言われる車両の一部は非常に高価になっているものもあるようです。外車もそうですが、国産車においてもスカイラインとか、2000GTとか。それらの所有者はその車が評価されている正当な?価値でもってそれが売却され、残していく家族の元へ届けられるということを心配されているのでしょう。ま、いわば、マニアックすぎるがため、一般の財産と同じように価値が明確にわからないという所が対処しなければならないポイントなのですね。
去っていくものの思いとしてはそんなところでしょうか。それではこの業者としてはこの商売はどうなんでしょうね、まさかボランティアでやっているんだ・・・なんてことは言わないでしょう。

PageTop

カセットテープのJazz

ずっと以前、東日本のT氏よりJazzの録音されたカセットテープを沢山送っていただいた。(カセットテープをいただいた)
ジャズの楽しみ1
自分が持っていない曲もたくさんあったのでぼちぼちと聞かせていただいている。
jazzの楽しみ2
ビル・エバンスやオスカー・ピーターソンなど有名なものもたくさん!
テープデッキ
かのトロンボーン奏者、カーティス・フィラーの「ブルースエット」なんかもあった。
これはなかなかいい。
冬の夜長を(夜更かししているだけですが💦)楽しませていただいているのである。

PageTop

自著発見!

(これも昨日の話です)
大阪市内のあいさつ回り、お昼は堂島アバンザの地下で。
昼食後30分ほど時間があったので、そこの2階にあるジュンク堂書店へ行く。
今年4月に発刊した自著がないかと探してみる。(世の中捨てたもんじゃないよ)
発刊して既に8か月。まあ、特に著名でもないこのような書籍は長くて1か月ほど書店に置かれ、返品されるのが普通の流れです。
日々あふれかえるほど出版される書籍。書店とて商売なので、売れ筋の物(新刊とか著名な著者のもの)を置いておく必要があり、そのために少し古くなると返本となるのである。
ところがここにはまだ置いてありました!
アバンザのジュンク堂
養老孟子さんや森村誠一さん、弘兼憲史さん、佐藤愛子さんの著書の中に紛れてね。
まあ何と光栄な事でしょうか。
知名度なんて全くない私の本をこれほど長く書架に置いて頂けるジュンク堂さんの懐の広さに感謝です。
皆さま買ってくださいませ。

PageTop

年末の挨拶回り(その11)

(これは昨日の記事です)
あいさつ回りも大詰めです。今日は大阪市内及びその周辺9か所を回りました。
都会1
客先の一つであるJRC-SSさんのビルから見る梅田の風景。
都会2
都会にいるんだなと思います。
土会3
以前、勤めていた西天満にある会社からの風景も好きでしたね。(中之島の眺望)
電設コン
今日はそこへも挨拶に行きました。

PageTop

年末の挨拶回り(その10)

(これは昨日の記事です)
年末のあいさつ回り10日目です。
神戸方面へ
この日は神戸方面へ。
神戸市内4か所を回り、時間があるので奈良方面へ。
奈良国鉄塔
奈良では2か所を訪問、年末は皆さん忙しいのかなかなかお会いできません。
本局鉄塔
あと残っているのは会社から近い大阪市内となりました。
今年もあと10日足らず。

PageTop

年末の挨拶回り(その9)

(12月18日の事です)
年末のあいさつ回り9日目です。
今日は奈良県中部のダムを2か所と管理事務所、協力業者さんをまわりました。
左岸下流からの風景
先日、管理開始10周年の記念イベントがあった奈良県吉野郡川上村にあるダムへ。
外部桟橋
ご挨拶に回る客先はかなり多いため、事前のアポなしとなってしまう。
左岸取り付け部の造形
そのために担当者に合えない場合も結構多いのだがこれだけは致し方ない。
冬場のダム湖
対応してくれる窓口の女性は「折角遠隔地まで来てくれたのに・・・」と気の毒そうに仰ってくれるがそういっていただけるだけでもありがたい。
紀の川統管の鉄塔
私としてはかつて親しんだ街並みや河川やダムなど思い出深い所ばかりなのでとても懐かしく、そこに住んでいた時の、仕事や生活、仲間などのことが蘇って来る。
道しるべ
二つ目は奈良県のかなり南寄りにあるダムへ。
五新鉄道ピア
かつて、奈良県の五條市から和歌山県新宮市までを結ぶ鉄道の計画があった。”五新鉄道という”
夢の後
計画は明治の終わり頃、吉野杉などの樹木運搬が主な目的だったとのこと。
国鉄五条駅から大塔村阪本までを先行開通させる予定だったが、その後の戦争や輸送手段の変遷により中止されてしまった。
五新鉄道端部
正確には判らないが、恐らくこのあたり(阪本)が先行開通予定の端部ではないかと思う。国道168号にあるトンネルの口。
計画が中止されてからはその一部がバス路線になっていたのだが、今はそれも廃止された。(五新線)
新しい橋
一方、国道168号は徐々に改修が進められており、この度訪れた時も新しい橋梁やトンネルが出来ていた。
猿谷ダム
目的地の猿谷ダムです。
猿谷ダムの鉄塔
小ぶりのマイクロ回線用鉄塔は管理所裏山の上にあるパラボラアンテナ向け。
管理所裏山は無給電中継で天辻無線中継所と結ばれます。

PageTop

忘年会シーズン

(これは12月15日のことです)
会社の忘年会があった。
夜景1
昨今1年が過ぎるのが早い。
大阪城
歳をとると時間が過ぎるのが早く感じるのは世の中に興味を持つもの(感動するもの)が少なくなったからだという説がある。
夜景2
まあ、今まで長く生きてきて多くの物を見たり感じたりしているので新しいものが少なくなっていることは確かだろう。
イルミ1
自分のように、日々欲どおしく、厚かましく生きていてもそのように感じる。
イルミ2
まだまだ社会に対して積極的に関わることが大切だと思っているんだけど。
ツリー
しかしながら先行きを考えるとやりたいことが多数あれども、残された時間がそれを許してくれるかどうかが気になって来る。
お品書き
正月休みには、今後、何がどれだけできるのか、捨てざるを得ない物は何なのか、そのあたりをじっくりとかんがえようと思う。
とりあえず今日は年(歳)を忘れて忘年会。
それにしても、どんな料理なのか想像がつかない💦

PageTop

年末の挨拶まわり(その8)

(これは昨日の話です)
あいさつ回りももう8日目、今日は福知山、豊岡方面です。
福知山鉄塔
まずは福知山の事務所へ。
お昼は但熊
前回は先に豊岡へ行ったけど、今回は福知山より豊岡へ。
国道426号登尾トンネル経由で行きます。
途中、玉子かけご飯の店”但熊”で昼食。
ウサギが龍に
先日来たときは兎が子午線を見て驚いていたカンバンだったけど、なんと龍に変わっている!毎年干支のキャラに交換しているようですね。(驚くウサギ)
広大な田圃
出石は広大な田圃が続いています。
円山川大橋
円山川大橋。
豊岡鉄塔
豊岡の事務所に到着。
生野ダム
帰りは播但連絡道路経由です。
途中、兵庫県の生野ダムへ寄りました。
管理所
実はここは初めてきましたよ。生野銀山には行ったことあったんですけどね。
今お世話になっている会社は結構広範囲に業務を実施されています。

PageTop

レモンがまた少し色付いてきました。

(これは昨日の話です)
最近は適度に雨も降り、畑の灌水も毎日はやらなくていいようになりました。
という事で、庭や畑のパトロールのみ。
レモン広域
レモンがまた少し色付いてきました。
このレモンは今年の1月、高校の同級生より貰ったもの。(レモン貰った)
レモン拡大
あともう少しです。
それにしても葉っぱが沢山虫に食べられています。
全て取りましたが。
イロハモミジ広域
徳島の故荘司さんよりいただいたイロハモミジ(イロハモミジ)、きれいに色づいています。
イロハモミジ拡大
随分大きくなりました。

PageTop

年末の挨拶回り(その7)

(これは12月13日のことです)
あいさつ回り7日目、今日は姫路方面を回りました。
姫路の鉄塔
姫路の鉄塔は巨大ですね。
加古川大堰1
こちらは加古川大堰、かつて過放流事故があり、その対策で随分苦労した思い出があります。
加古川大堰2
もう20年も前になります。
六甲砂防
最後に六甲砂防事務所です。パンザーマストの仮設鉄塔はもう随分錆びてきています。

PageTop

年末の挨拶回り(その6)

(これは12月12日の事です)
今日は私の都合であいさつ回りは午後のみにしてもらいました。
一庫ダム、猪名川、淀川大堰、難波国道です。
一庫ダム
一庫ダムです。
ダム下流
こちらはダム下流。このダムも結構都市近郊と言えるでしょう。
淀川大堰
次に猪名川、そして淀川大堰へ。
淀川大堰では上下流の舟運を確保するために現在、閘門を建設中です。
銀杏
旧毛馬閘門近くにある銀杏は葉を落とし、あたりは黄色い絨毯です。
旧洗堰
旧洗堰です、角落としの巻き上げ機も随分錆びています。せっかくの土木遺産に推奨されているんだから、朽ち果てる前に対策した方がいいのではないかと思います。
旧閘門
こちらは旧の第一閘門、現在使われている閘門より水路幅は広く見えます。
かつて1年だけ居た淀川大堰ですが、思い出は数々あります。

PageTop

年末の挨拶回り(その5)

(これは12月11日の事です)
紀の川SA
今日は和歌山・紀南方面へ。
紀南へ先に行ったあと、先日117クーペのミーティングで利用した「とれとれ市場」で昼食、その後和歌山へ。

PageTop

秋ジャガの収穫

(これは昨日の事です)
とても出来が悪かった秋ジャガを掘った。
ジャガイモ
植えた分の1/3ほどしか芽が出て来なかったのだ。
ジャガ収穫2
という事で収穫はこれだけ。
気候の影響なのか、連作障害なのか?それとも種芋がわるかったのかも?
せっかく探し回った種芋だったのだが惨憺たるものでした。
春ジャガは買い遅れないように農協に注文しました。

PageTop

今年のレンコン初掘り

(これは12月8日の事です)
レンコンの初掘りをした。
お母さん方
今回は羽曳野市から”こども食堂”のお世話をしているお母さん方が来られた。
収穫
4人で奮闘1時間半、これだけ採れました。
午後の収穫
午後からは自宅消費分を掘りました。
これで約2時間💦
どうも時間単価としては見合わない?ような気がする(笑)

PageTop

季節感!

(これは12月5日の記事です)
御堂筋銀杏
大阪御堂筋の銀杏の木です。

PageTop

年末の挨拶回り(その4)

(これは12月7日の記事です)
あいさつ回り4日目は滋賀県方面。
滋賀国道
かつて2年間勤めていた職場。建物はすべて変わってしまい昔の面影はそこから見る眺望のみです。
天ヶ瀬ダム
最近再開発工事が終わった天ヶ瀬ダム、アーチダムを見ると技術の粋を集めたダム・・・という感慨深いものがあります。
淀川河川
本日最後に訪れたのは、先日枚方ブロック訪問時に行けなかった淀川河川事務所。実はここで思わぬ再会がありました。

つづきを表示

PageTop

年末の挨拶回り(その3)

(これは12月6日の事です)
3日目は三重県名張方面へ。
鉄塔コレクションになってしまうけど💦
名張川出
名張川出張所の鋼管柱。
伊賀上野出
そしてこちらが伊賀上野出張所のです。
鉄塔頂部には防雷用の傘があり、なかなか特徴的です。

PageTop

空冷フォルクスワーゲンの店

(これも12月5日の記事です)
職場の近くにこんなお店がある。
ワーゲンの店
空冷ビートルやワーゲンバスが結構沢山置いてある。
先日は美しいカルマンギアもあった。
お店の名前は知らないけどとても興味深いので、一度覗きに行ってみようかと思っている。

PageTop

年末の挨拶回り(その2)

(12月5日の記事です)
年末のあいさつ回り2日目は枚方市方面、3か所。
道路メンテ
整備局の事務所・出張所等には水防道路用の無線回線の鉄塔があります。
これは道路メンテナンスセンター。
淀川統管
そしてこちらが淀川ダム統合管理事務所です。
かつてはこの鉄塔が防災機関の一つである建設省(国土交通省)のシンボルでもありました。

PageTop

年末の挨拶回り(その1)

(12月4日の事です)
本日より年末の客先挨拶まわりに同行させてもらっている。
雪景色
初日は福井方面の整備局出先事務所3か所、そして同業者2社でした。。
大野市近辺では既に道端に雪があります。山も白くなっています。
荒島岳
こちらは荒島岳。とても雄大で美しい山です。
庭木に雪
庭木にも雪が。
ヨーロッパ軒
お昼ご飯は久々の”ヨーロッパ軒”でした。

PageTop

今年もキャンディ浅田さんに会って来た。

(昨日のことです)
今年もまたキャンディ浅田さんに会いに行ってきました。
神戸の新長田ピフレホールでの”CHRISTMAS SWEET JAZZ CONCERT"です。
この場所では4年目とのこと。
キャンディ浅田
そういえば・・・
以前は甲東園のもう少しちいさなホールでした。(No.18concert)
no.19も甲東ホール(No.19concert)
そしてこちらが昨年です(2022年)
昨年はドラムが入っていました。
ピアノの竹内清志さんは変わらず素晴らしい演奏でした。そしてベースの中島教秀さんの今年のアドリブはとても良かったです。
年に一度の楽しみです。

PageTop

井筒長”新酒しぼりたて”

下の息子が誕生日プレゼントに買ってくれた!
井筒長
長野県八千穂のお酒です。
その昔、毎年冬には訪れていた八千穂高原スキー場(八千穂高原)
そこにあるペンション”ラ・ルゥ”はとても懇意にしてもらっていた。(ペンション”ラ・ルゥ”)
このお酒は毎年、今は亡きそこのご夫婦が送ってくれていたものなのである。
とても懐かしく、嬉しい!(息子が覚えていてくれたことも嬉しい)
冬季限定のお酒でビンには番号が打ってある。
”ふなくち”と言われるだけあってとても濃厚でいかにも日本酒という雰囲気がある。
在りし日のご夫妻の面影を思いつつ頂きました。

PageTop