fc2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

新井用水の取水ゲート調査

(これも11月26日の記事です)
私の住んでいる地域の農業用水は「五ヶ井用水」ともう一つ「新井(しんゆ)」というのがある。
この新井に近い地域では用水を一部新井がら取水しているところがある。
この取水口から漏水があり、その下の水田がいつも湿潤状態で乾かないという話があり、現場調査に来たのでした。
遠景
取水ゲートは何か所かあるのだが、ここはゲートが3つならんでおり、中央の大きなゲートは出水時の排出ゲート、その両脇にある小さいゲートが利水用のゲートだ。
全景
上流側のゲートです。手動でハンドルを回し、ゲートについた軸を引き上げる構造。
これが対象
結構長いシャフトがついています。
巻き上げ機前
これが巻き上げ機の部分。
上から
水路の深さは2mほどです。
銘板
銘板がありましたが、ギヤ部分のもので全体の製造者がわかりません。
ゲート
水路下に下りてゲートを観察します。
最初は水密ゴムの劣化で漏水しているものと思っていましたが、このゲートの構造は下部左右にある部材にゲートが入る時、ゲートの両端部がテーパー状になっており、この部材に挟まれるために水密する構造であることが判りました。
牡蠣殻
漏水の原因はこの金属部分についている白いもの(まるで牡蠣がこびりついているような様子です)のためにゲートと管口の金属部分がぴったりと閉まらなかった事がわかりました。
修理方法はこの白いものを落とし、元のようにピッタリと閉まるようにしてやればいいのですが、結構デリケートそうな設備なので専門業者に依頼することにしました。

スポンサーサイト



PageTop

孫娘の七五三

(これは11月26日の事です)
今日は孫娘が三歳の宮参りに行くという事で帰ってきている。
アップ
おばあちゃんに身上げしてもらった着物を着てとてもかわいい(着せるまでが大変だったようだ)。
人出
行くのはご近所の神社。結構すごい人出です。神社は商売繁盛のようですね。
お参り
お賽銭を入れてガラガラ。
境内で
出店も出て結構縁日っぽい雰囲気ですね。
かわいい
可愛らしいです。
歩かないやつ
和服に運動靴が何ともいいですね(笑)
孫の七五三に同行できるなんて幸せな事です。健やかに育ってください。

PageTop

土砂撤去作業が始まっていた

(これは11月26日の事です)
樋門点検を行った後、久しぶりに加古川河川敷を散歩した。
サラリーマンを再開してからは、朝が早いためなかなか早朝散歩ができないのだ。
イワシ雲
空には美しいイワシ雲。霜が降りていたので少々寒い。
工事区間はじまり
今年も加古川の堆積土砂撤去工事が実施されている。
伐採
低水敷は雑木がきれいに伐採されていた。
かんばん
治水能力を高めるための工事。
排土板制御
ブルドーザーにはアンテナが付いている。
排土板制御をしているようです。
トイレ車
立派なトイレ車が来ていました。イメージアップも兼ねているのでしょうね。
土砂
撤去土砂はすでに積み上げられ小山になっています。
草原
昨年度の工事との境目です。1年たつと草原になっていました。
伐木
前回土砂撤去されてから育った雑木です。太いものでは直径25センチくらいのものもありました。植物の成長はすごいです。
巨大ダンプ
今回の工事現場で目を引いたのはこの巨大ダンプ!ボルボ製でした。
来年もこのような工事が継続されれば、いよいよ樋門吐き口からの水路にかかるのできれいになるのが楽しみです。

PageTop

温室を買った

(これは昨日の事です)
小さな組み立て式温室を買って来た。
開封
昨年は自宅にある材料で作っていた(自作温室)のだけど、結構煩雑なので出来合いの物を買って来たのだ。
材料
材料は薄い金属パイプとプラスチックの接続材、そして骨組みに被せるビニルシートの本体からなる。
敷地
大きさは一坪弱。
組み立て中
小一時間で組み立て完了。
骨組み完成
接続材に金属パイプを差し込んで行き、ペグで地面に固定するのだ。
出来ました
ビニルシートをかぶせる時は2名でやった方が楽に出来る。
鉢植え収納
早速鉢植えの収納です。入れるものは・・・
鉢植え収納2
まず、ハイビスカス3鉢、観音竹、棕櫚竹、サボテンなど多肉植物の類、その他入るだけ(笑)
外観
人が立って入れるのでそれなりに広いが風を受ける面積が広くなるので、強風が吹くと少々不安である。
取り立てて貴重な植物があるわけではないけれど、父親が残して行ったものばかり、無くなると寂しいので単に引き継いでいるだけなのだ。(ハイビスカスは美しいけどね)

PageTop

昨今の畑の様子です

もうネタ切れで畑の写真か?
と言われそうですが、状況記録も兼ねてアップしているブログなので💦
畑の様子
 今の状況は、一番左がグリーンボール、その向こうがゴボウ、エンドウ豆、ピーマン。一つ右が白菜、ブロッコリー、九条ネギ、ニラ。その右が長大根、丸大根、ほうれん草、ニンジン。更にその右が、ニンニク、チンゲンサイ、小松菜。そして更に右がミョウガ、イチゴ(余った株)、丸大根です。
 水田にはタマネギ(早生、中生、晩生各100本)、ソラマメを植えています。
ジャガイモ
秋ジャガ(男爵)です。今年の種芋は発芽がとても悪くてまばらにしか出ていません。先日追肥と土寄せしています。
プランターイチゴ
これはイチゴ。例年小鳥やカタツムリに食われるので、今年はプランターに植えています。まだ、どこに置こうかと思案中なので仮置きです。畑に植える場合は黒マルチをするのですが、プランターなので本日、株の根元に先日作成した”くんたん”を保温材として敷いています。
鳩が豆食ってパッ!
何を写したのか分らないかも知れませんが、実は夥しい”鳩”が田圃より飛び立った瞬間です。
鳩たちは先日蒔いたヘアリーベッチの種を拾いに来ているようです。(ヘアリーベッチを蒔いた)
毎日こんなに多くの鳩が種を拾ってしまうと、来春の緑肥としてのヘアリーベッチの成育が危ぶまれます💦

PageTop

Yさんの丹精された菊です

(これは11月21日の写真です)
JR加古川線日岡駅前のYさん宅の菊です。
山本さんの菊の花
毎年、この時期、とても素晴らしい菊の花を見せていただいています。
Yさんはもう80歳台後半かと思いますが、毎朝奥様とこの菊や畑のお世話をされています。
日岡山の菊花展に出されたら良いのにといつも思っているのですが。
ご自宅の庭では手前に不粋なネットフェンスがあり、見たくもない政党看板があり、更に今は工事の機械が前に停めてあり、その隙間からしか見えないのですよね。
この写真も機械の隙間に入り、政党のカンバンを避けて撮ったものですが、とても残念です。
でもYさん、来年もまた美しい花を見せてくださいね!

PageTop

明日香へ

(これも11月19日の事です)
大滝ダムを後にして帰路へ。途中で土産などを購入。ダムのK係長に教えてもらった西河にある草餅やさん"徳岡"で草餅と柿の葉寿司を購入。無事買えましたよ!
高取町と明日香村の境くらいにある書店「シメイ堂」、私がこちらに居た20年ほど前にオープンしたもので、初々しい若夫婦?がやっておられた。今日、前を通ると何だか閉っているような?馴染みのお店だったので少々気になります。
近鉄飛鳥駅近辺のコンビニで遅い昼食を食べているとき、せっかくここまで来たのだから懐かしい甘樫の丘に登ってみようと思い立った。そうだ、ついでにまだ行っていないキトラ古墳にも。
キトラ古墳
キトラ古墳に壁画があることが発見されたのは今から20年ほど前のことでした。当時は大滝ダム工事事務所で勤務しており、橿原神宮駅近くの宿舎に住んでいたため、大きな興味を持ったものでした。
模型
それから10年、国営飛鳥歴史公園によるキトラ地区整備計画が始まり、展示館の電源設備設計に関わらせてもらったのでした。
展示館
担当したのは設計のみで、完成した展示館には今まで来る機会がありませんでした。
展示館は地下1階、地上1階で、古墳の石室壁面からはがした壁画を一定の温度と湿度で保存する設備があります。
もし停電になっても予備発電機により空調設備が稼働し続けるようになっているのです。
初めて展示館を見ることが出来感慨にふけっておりました。
甘樫の丘親子
古墳の後は懐かしの「甘樫の丘」へ。
当時住んでいた橿原市石川町からここまではとても近く、頻繁に訪れては散歩していました。
当時は下の息子がまだ小さく、その子を連れてドングリ拾いに来ておりました。
ちょうどこんな風景かな?
すすき
風景写真も趣味の一つで、休日には三脚を担いで撮影にきました。
遊歩道1
特にこの遊歩道が好きで季節と共に移り変わる風景を楽しんでいたのです。
展望台1
川原展望台、南側の展望台です。
畝傍山二植え山石川町
畝傍山その後ろに二上山が見えます。20年前、畝傍山の手前のビルあたりに3年間住んでいました。
耳成山
こちらは耳成山、美しい山です。
懐かしい階段
尾根筋にある階段。ここもお気に入りの撮影スポットでした。春先には若葉が伸び幻想的な雰囲気になります。
展望台2
そしてこちらが北側の展望台。
それなりに観光客がいますね。
眺め1
東側の眺め、飛鳥寺がある方向です。白壁が美しい街並みです。
住んでたとこ
葛城山方向(西側)
レンタサイクル
久しぶりに甘樫の丘の展望台からの景色を楽しんできました。
明日香村はレンタサイクルが今も昔も大人気ですね。
よく走った
わがきつね号の写真も1枚。快調でよく走ってくれます。
万葉ホール
帰り際にみた「万葉ホール」下の息子を連れて頻繁に行きました。図書館と科学館がありました。

PageTop

懐かしの大滝ダムへ

(これは11月19日(日)のイベントです)
奈良県吉野郡川上村にある大滝ダム、今年で管理に入って10周年とのことで、川上村で「ダム水未来」という催しがあった。
完成までの最後の3年間その建設に携わった縁もあり、講演会が寂しかったら気の毒・・・と思い、我が愛車狐号を駆って川上村に向かったのでした。
しかし、あにはからんや、講演会は大盛況のようで、開催30分前には会場である”やまぶきホール”と村役場の間の小さなトンネルまで渋滞していた。
車の誘導係の方から駐車場が満杯なので、村役場に戻ってそこにとめてくれと言われた。しかし、役場前も既に一杯。
ま、これだけ盛況であればもうそれでいいと思い、講演会は諦めて帰りにダムの写真でも撮ろうとダムに向かったのでした。
天端と管理棟
ダムや管理所はひっそりと、昔の姿変わりなくそこにありました。
減勢工
穏やかなお天気であり、遠く吉野山西河の山々が見えています。
ダム湖
右岸側から見たダム湖です。こんな名前がついていたんですね。
ダム湖広域
ダムの水位は常時満水位からマイナス10mとのこと。
私はこの風景がとても好きです。
クレストから覘く
クレストゲートの切り欠き部から見る減勢工です。なかなかダイナミックです。
とても苦労し、日々必死になってダム完成を目指していた20年前の記憶が蘇ってきます。
このダムは完成後試験湛水中に上流部で地滑りがありその対策に10年を要したのです。
そのため、完成後20年なのですが管理開始後10年になるということです。
ダムの写真を撮っているとこのダムの建設に共に尽力した機械担当のK氏に偶然出会いました。
また、現在このダムを管理されているT課長(昔加古川大堰の関係で一緒に仕事をしていました)、そして同じ電気通信職員のK係長に出会うことが出来ました。
講演会には行けなかったけどとても有意義な日となりました。

PageTop

ヘアリーベッチを蒔きました

家業である稲作、自分の代になってもう10年以上経過しました。
今年というか、今シーズンの肥料の値上がりはとんでもなく、昨年と比較しても1.8倍になりました。
毎年購入していただいているみなさまにはとても申し訳なかったのですが、若干値上げさせていただきました。
とても心苦しく思っている次第です。
そこで、先行きはどうなるか分からないのですが、来年のために、肥料を減らすために、緑肥としてヘアリーベッチという植物を蒔くことにしました。
ヘアリーベッチ拡大
この植物は成育した後、規定面積の重量を測る事により、化学肥料を定量的に減らすことが出来るとのことです。成育状況にもよるのですが、高価な肥料が多少なりとも減らせるのであれば・・・との思いです。
ヘアリーベッチ種8袋
播種量は10a当たり3kg~5kg、とりあえず最低量の3kg、うちの耕作面積では合計8kgを蒔く事にしました。
南米より
種子はなんと南米のウルグアイから来たものです。
効能
豆科の植物なので根粒バクテリアとの共存により空中窒素の固定ができるのでしょう、そのために窒素分の肥料の低減が量れるのでしょう。
蒔く前
ヘアリーベッチの播種には農林水産省から県経由で補助金が出ます。そのために播種状況や成育状況を記録しておきます。
種
種子はこんなものです。
蒔いてるとこ
雨上がりの少々ぬかるんだ圃場に手回しの散粒機で蒔いていきました。
肥料を節約するためにはこの播種の作業、そして来春には成育したヘアリーベッチの鋤き込みがあります。
ま、肥糧の削減策とは言っても決して楽なものではないのですよね。

PageTop

神戸に来ました

(これは11月16日の記事です)
あいさつ回りで神戸に来ました。
三ノ宮
向こうは三ノ宮です。関西電力やNTTドコモのビルが見えています。
ポートタワー
こちらはポートタワー。先日まで仮囲いがありましたが取れていました。多少カラーリングが変わったかな?
商船三井ビル
海岸通りにある商船三井ビル。
旧居留地5番地
ここは旧居留地のエリアです。(居留地)
エレベータ
エレベータです。この針式の現在階表示が何ともレトロ!
老化
廊下にもレトロな雰囲気が漂っています。
ファサード3
この海岸通りにはこのようなレトロな建物が沢山残っています。
ファサード
阪神淡路大震災にも耐えた素晴らしい建築物ですよ。
ファサード2
この贅を尽くした装飾は見ていて飽きませんね。
撮影2
おおっ!ドレスを纏った美しい女性が!
撮影1
ウェディングドレスだったようですね。結婚式用の写真撮影でしょうかね。建物とのマッチングがなかなか良い。
神戸の海岸通りはこのようなレトロなビルが沢山あり、メリケン波止場にも近いです。歩道にはブロンズ像が処々に置かれており。なかなかいい雰囲気です。ぜひとも行って見てください。(南京町(中華街)も近いですよ。)

PageTop

117クーペ白浜MTG

いすゞ117クーペオーナーズクラブが主催する白浜ミーティングに行ってきた。
参加車両
参加車両のうち、117クーペは36台(翌日参加を入れると40台くらいか?)
バンガロー
今回宿泊する施設はこのような一戸建ての建物が多数ある。
この戸建ての一つ一つが宿泊場所となるのである。
ビレッジ内
なかなか奇抜な宿泊施設、昔のバンガロー的雰囲気か?
しかしながら、食事場所や温泉まで遠く連絡バスが走っている状況である。
参加車両2
コロナ禍もあり、全国的なミーティングも遠い所は行けなかったので、久しぶりに近畿以外のクラブ員の皆様とお会いすることが出来た。
参加車両3
本当に多くの皆様と話すことが出来、とても嬉しかった。
参加車両4
多くのクーペが未だ健在であることに対し、オーナー各位の努力に対して敬意を持ちました。
マグロ解体
夕食は和歌山らしく、マグロの解体ショーから。
代表挨拶
クラブ代表の挨拶。
ジャズ演奏
楽しみにしていたジャズライブと続きます。
ボーカル
フルートのソロ、良かった。今回はキーボードのお姉さんが一番輝いていました。
ボーカルの方は以前どこかでお会いしたような気がします。どこだったかなー?
奏者の皆様の紹介をパンフに記載してほしかった。
ミニカー
今回、特殊な自動車の販売会社を立ち上げた中部のNさんがデモカーを3種類持ち込んでおられました。
これは一人乗りの4輪電気自動車、銀行の外交員が利用されているとのこと。
3人乗り2
こちらは3輪の3人乗り。東南アジアのどこかの国で走っている車のようです。
4輪の一人乗りと、3輪の3人乗りに試乗させていただきました。最初に運転させていただいた3輪はバーハンドルでバイクに乗っている印象でした。アクセルレスポンスがとても良く、急発進になってしまいます💦
4輪の方は軽乗用車の感覚でした。金属製のドアもあるため、なかなか快適です。近所へ買い物っていう場面では結構いいのではないかと思います。
1回の充電で60キロほど走行できるとのこと、充電は一晩ということでした。お値段は100万円ほどとのこと。
ミニジープ
ミニのジープです。先の3輪とベースが似ています。こちらは専ら”人寄せパンダ”だとNさんは仰っていました。
走行246キロ
盛りだくさんのイベントでした。
今回の走行距離は往復492キロでした、クーペはとても快調で、徐々に遠距離走行に自信が出てきました。
まだ決めかねているのだけど、来週は八ヶ岳へ行こうかと思っています。
かつてレストアしていた時のようには細かい所まで手を入れる余裕は無いけど、精々乗ってやらねばと今は思っているところです。

つづきを表示

PageTop

挨拶まわり(その4)

(11月8日の記録です)
今日は近畿北西部です。
保月城
北近畿自動車道で一路豊岡へ。
少し前に来た丹波市春日町の保月城です。
粟鹿山頂
こちらは粟鹿山、山頂には無線中継所があります。
但馬まほろば
道の駅「但馬まほろば」です。
食堂ふるさと
会社から豊岡市内まで約2時間半、先にお昼ご飯。
ここは以前にも紹介した食堂ふるさと。(食堂ふるさと)
カツどん
おいしくてボリュームもありおすすめです。
豊岡の鉄塔
懐かしの豊岡の事務所、1985年86年の2年間ここで仕事していました。もう38年前か~。
豊岡排水機場
豊岡排水機場です。
円山川
円山川は今日もゆったり流れています。(河床勾配が無いから?)
円山川2
懐かし風景です。
お柳灯篭
豊岡の次は出石を抜けて福知山へ行きます。
玉子かけご飯
国道426号但東町にある玉子かけご飯のお店です。結構有名とのこと。
驚くウサギ
子午線がこの辺りを通っているんだそうな?ウサギが驚いています。
福知山鉄塔
福知山に到着。残念ながらご担当者は不在でした😢
烏ケ岳
帰り道、懐かしい烏ケ岳を見る。(烏ヶ岳)
この事務所には1年間単身赴任でいました。

PageTop

挨拶まわり(その3)

(11月7日の記録です)
今日は北方面へ挨拶まわりに行った。
敦賀湾
北陸自動車道の敦賀SAから見る敦賀湾です。
ちょっとかすんでいます。
この日は福井県大野市の顧客、その後、福井市内の顧客2か所と同業者へのご挨拶、全部で4か所を訪ねました。
仕事熱心なものだからほとんど写真がありません💦
福井はこれから雪のシーズンですね。

PageTop

プリンタの不調対策

以前からパソコンのプリンタが不調だった。
プリンタ
どんな風に不調かと言うと、いつまでたってもプリントが始まらない。
延々と動いてはいるのだが、紙が引き込まれないのだ。
そして時たまパソコンにメッセージが出る。
プリンタがビジー状態だ、とか、フロントカバーが開いているとか・・・。
機種名
機種名はキャノンのMG3630、廉価版のプリンタではあるが、超高価なプリンタインクを必要とするものである。
おさまり
不満は数々あるのだが、書架にちょうど収まり、無線LANで接続できるので、スッキリした状態で使用できるのがありがたかった。ま、それ以外には良い所はほとんど無いのだが・・・・。
引出して調整
前記した「いつまでたってもプリントが始まらない」という障害をネットで探してみると、ありました!
フロントカバーが閉まっているという情報を得るためのセンサがうまく接触していないとのこと。
試しに、フロントカバーを閉めて前面カバーの左右を指で強く押すとプリントが始まるではないですか!
更に、プリント中に押している指を放すと、プリントが停まってしまいます。
原因
という事で、どうやら原因はフロントカバーの裏についているこの突起部分がカバーの開閉を本体に伝えているセンサで、その突起の長さが少々短かったため、カバーが開いていると認識したようでした。
対策は、突起部にスコッチテープを一まわり巻いてテープの先端が奥のセンサとおぼわしきところまで到達するようにしてみました。
すると、今までは延々準備運動を繰り返していたものが、何事も無かったように動作しだしましたよ!
実は、お正月を目前にし、今年もまた、年賀状印刷に苦労をするので、新しいプリンタを購入しようかと思案していた所でした。
これで、暫く使ってみようと思います。

PageTop

イチゴの移植

ようやくイチゴの移植をした。
実は今年のイチゴが終わり、親株を移植してランナーで跳んだ苗を一度プランターに移植したのだが、ことごとく枯れてしまったのだ。
一気にやる気を失いつつも、親株はそのまま日除けをして残しておいたのだ。
残存苗2
それがこれ。草に埋没して何が何だか分からないだろうけど、一応毎朝水やりはしていた。
草に埋没
ほら、よく見るとイチゴの葉っぱが見えるでしょ。
成長している
放置状態の子株、孫株はそれなりに成長しています。
今回はこの苗を草から掘りだしてプランターに移植するのです。
プランター
根の周りの土ごと掘りだして移植します。掘る前には十分灌水して、土がばらけないようにします。
プランター6つに15株を移植しました。まだ30株ほどは採れそうです。
プランター大
病気の葉っぱを切り取り、クラウンを露出させて水をやって完了です。
例年ならば、夏場に採取した苗をこの時期、水田か畑に畝を立て、移植するのですが、今年も去年もカタツムリや小鳥に多くが食われてしまったので、来年はこのプランター栽培にしようと考えていました。
後はプランターをどこに置いたらいいか思案するところです。

PageTop

種を蒔いた

サトイモを掘ったので畑の畝が空いた。
早速なのだが、野菜の種まきをすることにする。
ホームセンターで昨日、肥料類と種子を購入した。
肥料購入
肥料は牛糞堆肥、化学肥料、牡蠣殻石灰、ネギの肥料、そして果樹用の寒肥である。
このところ肥料が値上がりしていてこれだけで8千円弱である。
野菜を買った方が安いのかも知れない💦
種
今回蒔くのは小松菜とチンゲンサイ。どちらも重宝する葉物野菜である。
畝
サトイモの畝を除草して、もみ殻、セルカ、牛糞堆肥、化学肥料を投入、小型耕運機で撹拌して畝を立てる。
種まき用の溝が少々蛇行しているのはご愛敬(笑)
寒冷紗
発芽するまで寒冷紗がわりの古いレースのカーテンを掛けておきます。あ、その前に水やりしてね。
畑の作物が一つ終わればそこへまた別のものを植えているので、畑は休む暇がないですね💦

PageTop

御陵を管理しているMさんに会いに行く

以前、少しだけ紹介した(御陵管理のMさん)日岡山にある御陵「稲日太郎姫命日岡陵」を管理しておられるMさん。
以前、自分が無職の時、早朝散歩で日岡山を歩いた時には結構お会いして話をしていた。地元の方で、私の父親のことも良くご存じの方である。御陵の管理を引き受けてから既に50年になるとのこと。もう会社勤めより長くなってしまった。と言っておられた。
そのMさんが少し前に病気で二度ほど入院しておられた。
最初は結石、二回目は血管に細菌が入ったとのことだった。
退院されたとは聞いていたが、久しくブロワーの音が聞こえないので、まだ自宅療養中かなと心配していたのだ。
(Mさんは主に御陵への参拝道に積る落ち葉をエンジンブロワーで吹き飛ばして清掃されているので、私の自宅からでも、その音が聞こえるのだ)
松尾さん遠景
今日朝、樋門点検に行くときに久しぶりにブロワーの音が聞こえたので、Mさんが来ていることがわかり、久しぶりに会いに行った。
松尾さん近景
御陵の参道は結構長く、半分は石段、半分は石畳の坂道になっている。
お寺の方向
起点は日岡神社の境内、常楽寺の裏を通って御陵、そして日岡山の山頂に至る。
神社の方向
今の時期、夜明けが遅いため、午前6時頃に清掃を始めているとのこと。
もう歳だからやめたいと宮内庁には言っているが、代わりにやってくれる人がいないのでずっとやっているとのことだった。
なかなか大変な仕事だと思う。
しかしながら、今日はMさんの元気な姿を見ることが出来て良かった。いつものとおり、参道で30分ほど立ち話をして別れたが、どうかいつまでもお元気でいてほしいものだ。

PageTop

サトイモ収穫

サトイモを収穫した。
サトイモ
今年は発芽率も悪く、その後、潅水不足だったのか、ほかの作物に押されたのか成長は良くなかった。
収穫
収穫はこれだけ、でも無いよりはましです。左がセレベス種、右が八ツ頭です。
昨年はセレベスの方が良かったのだけど、今年は八ツ頭の方が多かったです。(サトイモ収穫)
セレベス
セレベスはこれだけ、それも、”赤茎”とノーマル合わせて💦
八ツ頭
八ツ頭はまあ、それなりでしたね。来年は八ツ頭だけにするかな?

PageTop

荒起こし完了!

今日は午前中、地元の運動会だったので、午後から残っていた堤防下の田の荒起こしをした。
荒起こし
先週、自宅前の田を起こしたときにこちらもやりたかったのだが、時間切れで出来なかった。
完了2
以前にも書いたが、水稲肥料の高騰のため、ヘアリーベッチという植物の種を蒔いて緑肥とし、少しでも肥料を少なくしようという思いからなのだ。
米作り(農業全般)は嫌いではないのだが、採算のとれない産業であり、やっていくのが空しくなってしまうのである。
でも、おいしい、そして安全な米や野菜を作ろうと言う思いだけで続けているみたいなものなのである。

PageTop

世代間交流運動会

地元町内会の運動会が4年ぶりに開催された。
超短縮かつ簡易版の運動会だった。
農会・水利組合も協力を依頼され朝から手伝いに行った。
準備完了
従前は農会・水利組合は”軽トラ軍団”を出動させ、主体的に準備を進めてきたのだが、今回は労力だけでいいとのこと。
何だか数年前から町内会と農会・水利の関係がちょっと思わしくないようだ。(しらんけど)
町内会長
今回は午前中で終わるとのことで、運動会のカンバンも掲示されていない。
地元出身の国会議員や県会議員、市会議員までやってきて何だかとても場違いである。運動会に背広で来るなよ!
大玉
変な奴らはほおっておいて、子供たちは楽しく競技をしていたのがまだしもの救いである。
ボール運び2

つづきを表示

PageTop

季節外れのハイビスカス

(これも昨日、11月2日の話です)
ハイビスカスっていうと南国の花のイメージがある。
もう11月に入ったので晩秋といってもいい頃なのだが、うちではまだ咲いている。
最後のハイビスカス
さらに蕾がもうひとつある。本来ならば落葉する時分なのだけど、この時期まで咲いているのはなかなか珍しい。
気温はひととき寒くなりかけたが、ここのところまたまた暖かくなり、昨日、高知県(だったかな?)では気温が29度になったとのこと。
夏場は猛暑、カメムシの大量発生もあり今冬は寒さが厳しいのではないかと思っていたのだが、長期予報では暖冬らしい。
また、今年は例年に比べて台風が少なかったので、近畿中部ではダムの貯水量が少なくなり、取水制限の話が出ているという。
ちょっと普通でない昨今の気候、自然が相手のダムなどの管理はなかなか難しいのだろうと思う。

PageTop

ジャガイモ畑に穴が!

(これは昨日発見したものです)
穴があった
最近は日の出が遅くなり、6時前くらいにならないと明るく成ってこない。
毎日、日の出を待って畑の作物に水をやっているんだけど、昨日の朝こんなのを発見!
ジャガイモの畝に何者かが穴を掘っている。
ちょうど種芋が埋まっている場所だ。
穴
今年の秋ジャガは発芽が悪く、植えた芋の数の半分しか発芽していない。
それに加えてこの穴。
実はヨトウムシにも食われた所がある。
農業はうまくいかないこともそれなりにある。
最近、新たに耕した所とか、刈草を積んでいる所とかを掘っているやつがいるんだが、同じやつなのだろうか?
夜中に赤外線カメラでも仕掛けて犯人を突き止めたいものだ。

PageTop

挨拶まわり(その2)

(これは昨日の話です)
今日も近畿管内のあいさつ回りです。
写真撮影がなかなか難しいのですが、奈良県五條市三在の事務所へまず訪問。
事務所立ち上げに尽力した場所です。
そして・・・・・・
土田交差点
30年ほど前、毎日通過した交差点。
吉野川
国道の隣には清流が流れています。昔とちっともかわっていない。
熊野神社
通過地点にあった小さな神社。
桜橋
桜色の橋もありましたね。
吉野山へ
近鉄電車が川を渡る所です。先にあるのはサクラの名勝!
大滝大曲り
何だか分からないだろうと思いますが、”〇〇の大曲り”と言われていた場所です。
この先にある思い出深いダムへ行ったのでした。
そしてその後は・・・・・・
三重県の奥地、でも一大新興住宅地(1970年代の)のエリアへ。
そこにも思い出深い事務所があります。
名阪国道
その後、こんな交通量の多い道を走りひたすら西へ。
実はこの道路関係でも沢山仕事をさせていただきました。
マイクロ回線を使った動画像伝送の走りとか、伝送レートの違いによる最適画質を決める業務とか・・・・。
平城宮跡
行き着いたところは古い歴史のあるここです。道路や河川やダム、砂防以外にも公園の仕事にも一時携わらせていただきました。
朱雀門
専門が電気通信なのでこのような華やかな建築物を作ったわけでは無いのですが、
いざない館
管理所や展示施設の受変電設備や予備発電設備、無線LANを利用した観光ガイドのシステムなんかに関わらせていただきました。
いずれの場所も思い出深い所ばかりです。
挨拶まわりとは言いながら、いろいろな思い出にふけっていた一日でした。

PageTop