FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

ウオッシャー修理

車検切れの際、あわてて仮配線したウオッシャーの修理をした。
ウオッシャーリレーの不調が考えられ、予備部品を差し替えての動作確認をした。
ワイパーリレー
そして原因がわかった。
ターミナル
それがこれ、ウオッシャー液のタンクの底についているモーターに接続される2Pコネクタの電極の錆でした。一見ちゃんと接続されているように見えますが、緑青を吹き、電気的には完全に絶縁状態でした。コネクタを付け替えて無事復活。古くなるとあちこち思いがけない不調が発見されるのです。こんな修理を楽しみながら出来ればあなたも立派なマゾ系旧車ファンです。あ、私は違いますよ、面倒なだけですので。

スポンサーサイト

PageTop

117クーペあれこれ

 お盆休みに延々と悩んでいたICレギュレータ付きオルターネーターのワーニングランプ対応、ようやく何とかなった。
というより、今取り付けている自作の回路はコンデンサの劣化とともに所期の効果を発揮しなくなってしまっていたのだ。
現在は簡略化したショートプラグを付けている。大磯で開催される117クーペ生誕50周年の集いの時に他の方の対応方法を見せてもらおうと思っている。もっと合理的な方法が発見できれば。
コンビネーションリレー
オルタの次のテーマはACCで動作してしまう燃料ポンプの正常化。本来はイグニッションONで燃料ポンプは動き出すはずなのだが、何時の日か自分のクーペはACCの位置で動くようになってしまった。このコンビネーションリレーの問題かと思い、今日、その動作を確認したのだが、恐らく問題はない。ならば、どこから?結局こちらも分からず問題持ち越し。
ガラスラン
次にやったのは運転席側のガラスランの補修。
補修箇所
経年劣化でこれだけ欠落してしまいました。中古部品で欠落部分を補修しました。
ブロワーモーター
そして更に、クーラーのブロワーの不調。こちらは原因を前記したオルタの回路の問題・・・もしくはブロワリレーの問題かと思い込んでいたのだが、今日、ふと思い起こして、稼動中のブロワモーターのお尻をドライバーの握り部分で一撃してやると、何と、モーターが止まってしまいました。・・・と言うことで、ブロワー不調はブロワモーターが原因でした。
電極間のゴミ
早速ブロワーをバラして、モーターのレストアを行う。直流電動機の故障原因はほとんどがブラシ回りなので、そこを点検、清掃する。整流子に詰まったゴミを除去、接触面を軽く研磨する。
回転子
原因が想定出来ました。カーボンブラシの一つがホルダと干渉しており、バネの力でスムーズに整流子に押しつけられていない事がわかりました。ブラシのホルダを少し広げ、ブラシの動きが軽く成るようにしました。これで長年悩んでいた懸案がとりあえず一つは解決しました。
 久しぶりにどっぷりと117クーペに没頭した1日でした。
 

PageTop

出穂そして三度目の草刈

台風20号は直撃であったが我が家方面には意外と被害はなかった。
稲の状況
稲はとても順調に育っている。
よく見ると穂が出ていた!
穂が出た
いよいよ出穂です!
そして今日は3度目だか4度目の草刈をした。
草刈前
これが刈り取り前。来週でもよかったか?
草刈後
まあ、自己満足はしましたが・・・。

PageTop

高校の同窓会があった

 毎年開催されているようだけど、いままで一度も出席したことがなかった高校の同窓会。私達の学年、第29回生は今年は還暦ということで大挙集まった。
開会
 今回の全体の参加者は約300名、そのうち我々29回生は167名と圧倒的な数、まあ節目の歳だからでしょう。
テーブル
 私の年代は1クラス約45名で10クラスもあったので当然在学中から知らない同級生は沢山居る。歳をくって風貌も変わり女性は名字もかわり本当に誰がだれだか分からなかったですね。それでも懐かしいクラスメイトは何名か同定?出来て42年ぶりに話したやつもいる。あこがれだった彼女が来ていなかったのは少々残念にも思ったけど昔のイメージが崩れなくて良かったと思うべきか?
小野先生
 恩師も3名来られていまして、こちらは数学のO先生。67歳とてもお元気でした。理系なのに数学が出来ない私はO先生の補習や追試には必ず出ていましたね。そういう意味では人一倍お世話になりました。あと地学のT先生、岡山に太陽フレアの観測所を作られたとのこと。昔も今も情熱的でしたね。
 高校に限らず小中学校でも大学でも同窓会やクラス会に出席するととても胸が苦しい。(狭心症だからではない)それは、かつてのその時からいかに長い歳月が流れてしまったのかを実感させられるからだろうと思う。齢を経るばかりで自分は成長していないという後悔と残っている時間の少なさを見た時、自分のやりたい事が果たして出来るのかという焦りからだと思う。同窓会はそんな事も考えさせてくれる場なのですね。
 でも、盆休みの最終日、懐かしい友人や恩師に再会できてとても思い出深い一日となりました。
 

PageTop

ICレギュレータ付きオルターネーターの制御回路再考

お盆休みしています。
先日、少し気になることがあって、我が117クーペきつね号のオルターネーターの制御回路を再考することにした。
回路

つづきを表示

PageTop

稲の成育状況(2018年8月14日)

(この記事は8月14日のものです。)
お盆休みしています。
樋門
今日は我が家の水田に水を引いている用水路の上流にある曇川樋門の管理運転の日。
以前にも少し紹介したかも知れないが、曇川(くもりがわ)は稲美町から流れ出て、加古川町神野地先で加古川大堰から取水した農業用水を補給し、加古川町大野地先にある曇川樋門で加古川本川に放流する。
平常時はこの曇川樋門は閉じられており、曇川の水は下流の農業用水路(五ヶ井)を潤す。
降雨等により稲美町方面からの水量が増えると樋門を開けるのである。
この樋門、夏場は月に2回、樋門ゲートの動作試験がありゲートの開け閉めをする。
すると、当然下流の水路の水位は下がり、水が来なくなる。
一度開閉すると、約1時間は田に水が入らない。
樋門操作試験
さて、稲の成育は順調です。
稲成育1
先日の”中干し”以降再び水を入れている。この時期は水は入れっぱなしではなく、一度入れると止め、水田の水が無くなるとまた入れるという事を繰り返す。結構面倒な時期なのです。
稲は株も太くしっかりしてきました。
稲成育2
来月始め頃には稲穂が出てくるでしょう。
今年はけっこう立て続けに台風が来ている。幸い一度は水没したもののその後は被害はない。これから背丈が伸び穂が垂れてくると、風台風による倒伏がこわい。なにとぞ穏やかな気候でありますように・・・と日々祈っている。

PageTop

お盆のお迎え

お盆です。
両親が亡くなってからは毎年自分がやっている。
精霊飾り
キュウリの馬とナスの牛
盆提灯
盆提灯を灯し、出迎えます。

PageTop

盆踊り

町内会の盆踊り、電気工事を仰せつかって2年目。
1常楽寺境内
当日8月11日は早朝より近所のお寺で会場の設営。
2分電盤
立派な分電盤は私の父親が再就職した電気工事やさんでみんな一緒に作ったものだ・・・と当時一緒に仕事をされていたHさんが言っていた。
3準備完了
2時間ほどで準備は完了。役員総勢約40名。皆さん暑い中お疲れさまです。
4町内会長
最後に町内会長よりご挨拶。今晩は楽しみましょう!
おどり
夜7時より盆踊りスタート。まだ少々少ない。
スーパーボールすくい
子供達はスーパーボールすくいに夢中です。
焼きそば
焼きそばやさんは長蛇の列で大繁盛。
やきとり
焼鳥屋さんも4人かかりで焼いています。でも、参加者は年々減っているとのことで、毎年、来年はどうしよう?という話が出ているようです。年輩のおばさま(おばあさま?)達はとても踊りがうまく、実は公民館でも練習会をやっているようだけど、皆さん忙しくて?かどうか分からないけど参加しない。(自分も苦手なので行かないのですが・・・)櫓のまわりを回っているのはベテランのおばさま達と小さな子供くらいですね。
 そういえば昔、大阪の柏原で仕事していた時、柏原市役所前の大和川河川敷で毎年「河内音頭盆踊り大会」というのが開催されていた。河内音頭を得意とする演歌歌手だったかお笑いの人だったかが河内音頭を歌い、とても多くの人が踊っていた。私の職場は協賛者だったのか、昼休みに会議室で練習させられ、レンタルゆかたを着て踊りに行った事がある。その時はそれなりに楽しかったのだが、踊りというのは”はまれば”楽しいんだろうと思うけど、なんだか恥ずかしさが先にたち、なかなか踊れないのですよ。

PageTop

今日の1枚(No.61)朝焼け

水田の水管理に早朝より出かけたら美しい朝焼けが見れた。
朝焼け

PageTop

花火

(これは8月5日の記事です)
加古川の花火大会。
花火1
何年か前に打ち上げ場所が上流側へ変わったので今年もよく見える。(少々電線が邪魔ですが)
花火2
花火も進化しているようで、毎年華やかになるようですね。あんまり実感無いけど景気もいいのかな?

PageTop

今日も草刈。

あまりの暑さに昨日だけでは草刈が終わらなかったので今日も朝から田の畦の草刈です。
加古川の堤防の傍にある水田です。
草刈前1
草刈前1
草刈後1
草刈後1
草刈前2
草刈前2
草刈後2
草刈後2
草刈前3
草刈前3
草刈後3
草刈後3
きれいになった畦を見ると”やった”感があって精神衛生上よろしいです。
ちなみにこの細い水路が水田への導水路です。今回はここも草刈と清掃をしておく。
水路
稲の背丈は現在65センチほど。順調です。
背丈
水田の中で一部成長が良い所は第2回目の耕耘の時に肥料散布機が壊れ、多量に肥料が落ちた所ですよ。正直なものですね。
あれ?
なにとぞ稲刈りまで平穏なお天気でありますように。(あ、また台風13号が来ているようですね。)

PageTop

何度目?かの草刈

夏草は成長が速い。2週間前に草刈したところなのにもうこんなに大きくなっている。
草刈前
しかたがないのでまた草刈。
刈った後
はい、スッキリしました。
散水機
先日の庭の散水機に続き、畑の散水も省力化を図っている。・・・といっても単に蛇口を塀に縛り付けているだけなのだが、これによって多少は楽になれば・・・と。
みかん
みかんがなっているのに今日気がつきました。少ないですが楽しみです。
成育状況
こちらは稲の成育状況。一時は7月豪雨で水没したものの、流される事なく順調に生育しています。

PageTop

福知山の堰き止め湖へ

(これは8月3日の記事です。)
先日の7月豪雨で堰き止め湖が出来た福知山市大江町へ作業しに行った。
通行止め
現地は通行止め。
土砂ダム直下
その奥には崩落した土砂でせき止められた土砂ダムが・・・。
衛星車
発災直後から現地の監視画像を送っていた衛星通信車。
無線機
初動は機動力の高い衛星通信車で、その後継続的な監視が必要な場合はランニングコストの安価な別の機材へ変更。今回はこの無線機を使用。テレビ放送のディジタル化の結果、空いたVHFの周波数を使用したブロードバンドの伝送機器。
アンテナ先が現場
3素子八木アンテナの先が今回の被災箇所。見通し外でしたが無事、回線構成は出来ました。何だか久しぶりに本来の通信の仕事をしたような。
落橋
くだんの谷の由良川合流点近くには在田橋という潜水橋がある(あった)。今年3月に洗掘落橋してまだ復旧されていなかった。災害対応も大切なのだがインフラの良好な管理もとても重要です。

PageTop

散水機

(これは8月1日、2日の記事です。)
中干しが昨日で終わり、農業用水が戻ってきました。
水復活
奥さんが庭の水やりが暑くて大変だというので散水装置を設置しました。
自動散水遠景
・・・といっても回転蛇口を1箇所設けただけですが、
自動散水近景
随分負担軽減に成ったようです。

PageTop

中干し

(7月28日の記事です。)
水田は今中干し。
中干し
畑では野菜がたくさん。
ピーマン
サルスベリが咲き始めました。
さるすべり
毎日、猛暑だけど野菜はとても良く実っています。
収穫

PageTop