2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

紅葉を見に津山へ行った

 紅葉を見に、今年は岡山県津山市に行った。(11月17日)津山市といえば岡山県の内陸部の町。鄙びた田舎を想像していたのだけど、結構な都会だ。
1.津山嬢
 紅葉を見に行ったのは津山城。広大な敷地の城跡が町の中心部にある。まさに城下町である。上の写真は再建された櫓なのだが、実はこのお城、明治まであったのね。
1.明治まであったのね
 明治6年の廃城令によりとりこわされ、敷地は売却されたのだそうだけど、堅固な石垣は残り、その後明治33年には公園になったらしい。まだ建物の残っていた時の写真が入場券売場に展示してある。そう言えば、以前済んでいた奈良県橿原市の近くに高取城というのがあったけど、そのお城も近年まで残っていたようで、写真を見たことがあった。
2.紅葉 3.紅葉
 さて、紅葉は・・・っと、ちょっと早かったようです。まだ色づきは悪い。(あ、行ったのは11月17日ですから)お城の東側には沢山のかえでがあるのだが、まだでした。しかし・・・
4.城下町
 そこから見る城下町は整然とした佇まいで、今も当時の雰囲気を残して居るように見えます。散歩のモデルコースにもなっているようですが、今回は行きませんでした。
6.補修 7.補修2
 天守閣跡に登ってみると、なにやら工事をしていました。上の方から紐を垂らし、石垣を区切って補修をしていました。
8.補修3
 どうですか!!この素晴らしい補修!!地道な仕事だけど遺跡保存のためには欠かせない作業なのでしょうね。老後はこんな仕事が出来たら・・・なんて少し思ったりして。(でも技術が無いから無理でしょうけど・・・)  紅葉がまだ見頃でなかったため、少々欲求ふまんが、そこで、少し下って閑谷学校へ行くことにしました。こちらの様子はまた後日お伝えします。

スポンサーサイト

PageTop

大根初収穫

大根

大根初収穫です。まだちょっと小さいけど、これからどんどん大きくなるとのことです。大根の大根たるゆえんは根っこの部分であり、商品価値があるのは当然そちらの方なのですが、実はこの葉っぱもとても美味しいのですよ。チリメンジャコもしくはウインナーソーセージなどを細切れにしたものと、葉っぱを刻んだのとを油炒めします。ちょっとピリッとしてお酒のあてには最適です。ただし、あんまり大きくなると、葉っぱの芯が硬くなってくるので、早めの方がいいのかも。お試しあれ。(11月7日)

PageTop

今日も色々やりました。

今日も農作業関係を色々とやった。
1.たんぼ
これは、稲刈りの済んだ田んぼなんですが・・・・
2.苗代
コンバインの切り刻んだ藁をどけて、稲の切り株を刈り払い機で切り、綺麗にします。
3.荒起こし
何をしているのかと言うと、来年の稲作りのための苗代なのです。
4.畑も
ついでに畑の何も植えて居ない所を荒起こししました。ここには・・・・

5.苗
これを植えます。これはタマネギの苗。50本298円、早生を100本、晩生を200本、毎年全部食べきれなくて余るんだけど、今年もまた同じだけ植えるのだ。
6.父親
苗置きは父親がやってくれる。今日は比較的元気なようだ。
7.そらまめ1
ソラマメも植える、というか蒔く?
8.そらまめ2
こんなふうに”ツメ”部分を下にして、差し込む。
9.そらまめ
蒔き終わった姿です。この後、マメの上にうっすらと土をかぶせる。
タマネギとソラマメを植えたことで、畑はほぼ一杯となった。
先月まで稲が植わっていた水田は、現在畑として使うべく2筋ほどトラクターで耕運した。
ソラマメが発芽したら、水田の畝に移植する予定。

PageTop