2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

書評「ムーン・パレス」イアン・マキューアン

 ブログを更新したのが1ヶ月前だとは今日初めてスポンサーサイトからの記事が載って気づきました。
 てなことで・・・書評でも。
この小説は東京の私の友人の友人に紹介してもらったものです。

 著者ポール・オースターの自伝的作品だと思う。
 あらすじは母を亡くし、その後面倒をみてくれた叔父を亡くして天涯孤独になってしまった主人公マルコが、自暴自棄になり、命を落とす寸前に友人に助けられ、祖父に会い、また父に会うというお話。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop