FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

心のふるさと”味土野”へ

(これは少し前の出来事です)
仕事で京丹後市に行く機会があり、時間があったので秋も深まっているであろう味土野に寄ってみた。
ここに私が初めて訪れたのは1981年頃、それ以降約14年、ここへは数えきれないほどの回数来ていた。しかし、かつてあれだけ通った道だったのにこの度改めて訪問しようとしたとき、そこへの道を忘れている自分に驚いた。“去るものは日々疎ましい”去った場所も同じようなものなのだろう。
現地への沿道風景も結構変わっていた。かつてあった建物がなくなり新しい建物ができていたり、広大な畑ができていたり、中山峠のスノーシェッドが新しくなっていたり。しかし味土野へ登る最後の山道は昔のままであった。途中、味土野大滝はガラシャ大滝に名前を変え、案内板や幟がたくさん立っていた。そう、今某テレビ局でやっている時代劇の舞台のひとつのようだ。
L幟
味土野山房の入口に車が止まっていないので、残念ながらOさんは不在?となりのKさん宅には布団が干してあったので、誰かが住んでいるようだ。ということで山房は後で訪ねることにして、最初に訪ねたのは”ガラシャの碑”、下の広場には四阿が2棟新しく出来ていた。
A四阿
ドラマの効果なのか車が2台止まっていた。碑のところには案内板も整備され、細川ガラシャが隠棲していた時の建物配置や、見張り場所である“おじろ”(男城)跡の案内もあった。
B配置図
ちなみに麓の集落やここへ上がってくる途中にも味土野大滝(今後はガラシャ滝と呼ばせたいようだ)やガラシャの碑の案内看板が新たに出来ておりドラマの影響は大きいなと感じた。
C碑
続いて当時焼き物を焼いていた穴窯の跡へ歩いて行く。
Dガラシャ荘遠景
かつておいしい湧き水が出ていた場所にはコンクリートの水槽が設置され殺風景になってしまった。
E碑の裏
しかし別の場所には新たにガラシャの化粧水と名付けた湧き水があった。(あんまりガラシャさんの名前ばっかりつけるのは少々興ざめである)
E水飲み場
「ふるさと味土野の地」の石碑の傍にある大直日神の石佛はむかしの姿のままであった。
D大直日神
更に道を上ってゆくと、当時秋の稲刈りの後、稲束を掛けていた稲木がまだ残っており、その下にはK.Kさんの家があったが、納屋の方は屋根が抜けてしまっていた。豪雪地である味土野では、維持をしない建物はやがて朽ちてゆく。
F稲木
 秋空とススキの穂が揺れる道を更に登る。
Gススキの道
そこここにK.Iさんが建てたかつてここには何があったのかを示す石碑がある。
H石碑
やがて“穴窯”の跡地へ着いた。しかしそこにはもう何もない。単に狭い平地に背の高いススキが生えているだけ。でもそこに立つとかつて楽しかった窯焚きの時が目に浮かぶ。
J窯跡
 更に奥、お宮のあるところまで行こうと思ったが、途中からは草が生い茂り入れなくなっていた。(この道は等楽寺という集落まで下りる道なのだが、帰り際に等楽寺側登り口を見ると、全面通行止めになっていた。土砂崩れなどで道が損傷を受けているのだろう)交通量が少ない道は放置せざるを得ないのだろうな。
道端にはかつては無かった、農業倉庫のような建物が作られており、そこここに野菜やソバの畑が作られている。穴窯から道を挟んで反対側の斜面下には広大な畑が開かれていた。時の流れと共にここも少しずつだが変わって行っている。
K宮の田より
 車をかつてのアジサイ園脇に出来た駐車場(金剛童子山登山口)に停める。ちなみにアジサイ園に植えたアジサイは結構大きくなり繁茂していた。
Nアジサイ園
そして、かつての分校跡を宿泊施設に改装したガラシャ荘へ歩いてゆく。ガラシャ荘は建物は健在であり、若干のリフォームも施されている。新しい建物も増えていた。
Mガラシャ荘
庭先に若い人が居たのでOさんやKさん宅の住人の事を聞いてみると、Oさんはお元気で暮らしておられること、Kさん宅には今住んでいる人がいるとのことだった。
N山房方向
彼は来週末24日に地元で開催される芸術祭だったかに作品(染色)を出品すべく準備していると言っていた。
M見慣れた場所
 最後に車は無いけど、山房の様子だけでも見に行くか、と登っていくと、道の途中に車が止めてあった。どうもぬかるみにはまり、身動きできなくなってしまったようだった。ならばOさんは居るかも!と山房まで登り声をかける。Oさんは在宅だった。
O作業場
 会うのは四半世紀ぶりか?最初は私が誰だか分からなかったようだった。(そりゃマスクしていればわからないわ)。Oさんは風貌もほとんどそのままでお元気そうであった。少しの時間ではあったが囲炉裏端でコーヒーをごちそうになりながらかつてのメンバーの消息や味土野の変遷、漆や木工の話などをした。来月もまた来ると言うと次回はここで泊まっていけと言ってくれた。四半世紀の積る話もあるのでそうしようと思う。

スポンサーサイト



PageTop

秋の景色を楽しむ

秋です。ようやく涼しくなってきました。
秋の風景を楽しめる機会があったので。
A加古川線

B杉原川

C秋空

D黒田さん

E篠山川

F秋空2

G谷川駅

H福知山線

I福知山城

J和田山煉瓦車庫

Kレンガ車庫

L豊岡駅

M大開通

Nレトロ

PageTop

姫路へ

仕事関連で姫路へ行った。
実は夏休み中なのだが、自宅からこちら方面は近いので・・・。
お城
帰りに初めて駅前のピオレを探検。おー姫路城が良く見えます。
姫新線
反対側には姫新線の軌道車が泊まっています。
キャスティ21
姫路駅北東側は駅前再開発のキャスティ21計画で着々と工事が進んでいる。
市川
これは市川の河川敷。
国分寺
いつか行った播磨国国分寺跡です。
西方面に行くのは久しぶりでした。

PageTop

湖西線で出張

(これは8月11日の記事です)
お盆前、新型コロナの影響も気にしつつ、福井へ出張でした。
梅雨も明け、本当に夏本番!
琵琶湖1
サンダーバード13号は真夏の湖西線をひた走る。
琵琶湖2
広大な水田の向こうは琵琶湖、そしてその向こうは湖東の長命寺か?
夏の雲
空には夏の雲。
夏の雲2
松林の向こうでは水遊びに興じている人が・・・今年はいるのだろうかね?
塩津浜
遠くに見えるのは塩津浜、間もなく福井県に入ります。
新幹線
福井県下では新幹線の工事が盛んにおこなわれています。
それにしても福井市内は暑かった!

PageTop

田辺へ

14日、紀伊田辺へ行った。
またまた越境と言われるかも知れないが、仕事なので。
河川
この日は一日中雨、河川も増水している。
太平洋1
特急くろしおから見る太平洋も寒々しい。
太平洋2
青空だったらきれいだったのに。
太平洋3
長雨とコロナ、早く明けてほしいものです。

PageTop