FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

そうだ小説を書こう(山本甲士)

 書名を見るだけでは小説作成の指南書のように見えるが、実はこの本自体が小説なのである。離婚して家族と別れ、さらに、遠隔地へ転勤させられて一人暮らしをする、そんな主人公山本宏司はこの小説の作者の事?転勤で飛ばされ他の地の彼の仕事は道路や河川沿線、福祉施設などの清掃であった。会社のイメージ向上と銘打った嫌がらせのような仕事であった。
そうだ小説を書こう

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

東京ピーターパン(小路幸也)ネタバレ注意!

 大人の青春小説・・・なかなか言い得て妙ですね。
東京ピーターパン

つづきを表示

PageTop

海の見える理髪店(荻原浩)

荻原浩の短編6編、いずれも家族がテーマ。

主人公はネットで見た海辺の街にある理髪店を訪ねていく。来週結婚式を控え、初めて理髪店で調髪してもらいに。
海の見える理髪店(荻原浩)

つづきを表示

PageTop

人間交差点HumanScramble矢島正雄+弘兼憲史

全19巻?読了。
人間交差点
友人からまとめて借りたもの。通勤の電車の中で楽しみしながら読んでいた。
いかに多くの人生模様があることか。
全ての物語は個別であり一話完結である。その昔し、ビッグコミックオリジナルに連載されていたものを何話か読んだことがある。もう四半世紀くらい前だったけど。
元気の出る話も少しはあるが、何と悲しい、辛い、理不尽な話が多いことか・・・
これから一日が始まろうとする朝の通勤時間に読むものではなかったかもしれない。

PageTop

夜の樹(トルーマン・カポーティ)川本三郎訳

 最近トルーマン・カポーティを読んでいる。随分前に彼の一番有名な小説である「ティファニーで朝食を」は読んだ(http://hatenasi.blog87.fc2.com/blog-entry-636.html)コチラが、その後はご無沙汰だった。
カポーティ

 

つづきを表示

PageTop