FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

キャロリング「有川浩」

 彼女は本当に根っからの悪人を作るのが下手だ。どんなに悪人面していてもその奥には悪人になり切れない面が出てくる。それからもうひとつ、こうなってほしいと望む読者の希望を裏切る小説を書かない。世の中善人ばかりと予定調和の安心感。
キャロリング

つづきを表示

スポンサーサイト



PageTop

新編 「黒部の山人」 山賊鬼サとケモノたち(鬼窪善一郎語り)

 2016年、㈱山と渓谷社から新編として出版されたもので、底本は1989年に㈱白日社から刊行されたもの。
 ここで語られた鬼窪善一郎さんは大正3年(1914年)長野県北安曇郡広津村に生まれた。青年期より狩猟を始め、自他ともに認める健脚を生かし、北アルプスを駆けめぐった。また、ボッカ、ガイド、イワナ釣りなど、山での仕事に係わり続けた。山岳救助隊にも携わり晩年は三俣山荘の管理人となり多くの登山者に親しまれた。平成8年(1996年)没。
黒部の山人

つづきを表示

PageTop

やがて満ちてくる光の(梨木香歩)

 梨木香歩さんのエッセイ集、2019年7月25日発行の新しい本!自分としては基本は図書館で借りて読む派なので、発行されて久しい本しか読まない(読めない)のだが、今回は幸運な事に新刊コーナーにあるのを発見!多分一番最初に借りられたのだろうと思う。本を買わないのは梨木さんには申し訳ないが、広くもない書斎にはもう新たな書籍が入る余地もなく、十数年前よりもう本は増やさない事に決めたのだ、だから今回は本当に僥倖でした。
やがて満ちてくる光の

つづきを表示

PageTop

ナモナキラクエン(小路幸也)2012年8月

彼の作品は2冊目、最初によんだのは「東京ピーターパン」、しかしそれよりは数段に良かった。物語の中に出てくるキャラクターをみんな抱きしめたいと思う小説でした。
ナモナキラクエン

つづきを表示

PageTop

クローバー・レイン(大崎梢)

 大崎さんの小説は初めてよみました。東京のSさんから紹介されたものです。昔の作家の新しく書いた小説を偶然読み、出版しょうと奮闘する大手出版社の若手諞集者が主人公。どのようにして小説は出版されるのか、その業界の仕組みやその中での奮闘ぶりがとてもよくわかる小説であるがその底に流れるものは良い文章を世の中に出すという事に対する情熱の大切さを描いている。
クローバーレイン

つづきを表示

PageTop