2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

農業倉庫の片づけ

 毎年春になると我が家の農業倉庫はヒヨドリのアパートになってしまう。
鉄骨スレート葺きのこの倉庫は、屋根のスレートと壁の波板鉄板との間に隙間があり、ヒヨドリ
はそこから入り込み営巣して抱卵する。
 別に被害がなければ放置するのだが、ここ数年は隙間から倉庫の中まで入ってきて倉庫の
中が糞だらけになる。また、入ってきたのはいいが、出られなくなって倉庫の中で亡くなってい
るものもいる。その処分をするのもいやなものである。
 特に今年の夏前には5羽の雛鳥が倉庫の二階で外に出られなくなり、飛び回っているのを見
て、いよいよ何らかの手だてを講じないと・・・。と思ったのである。実は私、鳥の類は大嫌いで
とても親しみを持てないのですよ。あの表情の無い目、(鳥に表情があったらもっと怖いかも知
れない・・・目が合うと思わず鳥にニチャっと笑われたりした時にはもう・・・あー背筋が寒くなっ
て来た。)そんなやつらが5羽もこちらを睨み、私が窓を開けて外に出してやろうとすると、私の
頭を掠めて飛び交うのである。あー鬱陶しい!!!!
 先日自宅をリフォームしてもらった㈱タカモクさんに来てもらいヒヨドリ対策を相談した。外回りに
足場を組み、雨樋を外して隙間を塞ぐ方法もあるが、室内より隙間に発泡ウレタンを充填しよう
と言うことになった。
 そういうわけで、ウレタンフォーム充填に先立ち倉庫の2階の片づけを行った。
前1
溜まりに溜まった生活雑貨や農業資材や車の部品です。膨大な量!
天井まで積み上がっている。
前2
しかし、これでも父親が亡くなってから後に随分と廃棄した後なのだ。
前3
まあ、此処に収納されている物の大半は実は117クーペとカルマンギアの部品なのだけど。
後1
 発泡ウレタンは屋根と壁の境目に充填するため、荷物の山の上の方を撤去し、足元も近づける
ようにした。
後3
棚板も外した。荷物は部屋の真ん中に積み上げたが兎に角膨大な量であった。
明日は充填箇所である隙間を掃除しておこうと思う。充填後はヒヨドリのあの冷たい眼差しを見な
くてよくなると思うと、もっと早い時期にやって貰っておくべきだったと思うのである。

スポンサーサイト

PageTop

枯れ山水?

徳島で造園業を営んで居られるSさんにご指導いただき枯れ山水完成!
1埋め戻し
延々と埋め戻ししていた。約8ヶ月。
2シート
防草シートはSさんからのいただきもの。
3玉石
玉石はホムセンで購入。中国からの輸入品とか?これはまだ半分の量。
4完成
完成しました!嬉しい!!

PageTop

ぼくすたー

お盆休みに小学校の同窓生が来てくれた。
ボクスター
なかなか魅力的な車です。
僕はナローポルシェに憧れているんですが、死ぬまでに乗れるかどうか・・・。どこかにレストアベースでもないかな・・・

PageTop

盆おどり

 今年は水利組合の役員を仰せつかっている。
町内会と日頃から活動を同じくしているので、今年は盆踊りの準備や後かたづけをたのまれたのだ。
盆踊りなんて行くのは本当に20年ぶりくらい?もちろん踊れるわけもない。ということで準備などの裏方に徹していたのでした。
みんなで準備
 当日(8月11日)は朝早くから役員の皆様が常楽寺境内へ。そう、みんなで準備です。
みんなで準備2
 櫓は前日にリース業者に建てていただいている。
分電盤
私が仰せつかったのは電気工事。資格はあるが、なにせペーパーライセンスなもんで・・・。
準備完了
準備が整いました。
盆踊り1
皆さん楽しく踊っていただいています。でも、年々参加者が少なくなっているみたい。踊りのリーダーや夜店のお世話する人達も少々高齢化?しております。

PageTop

花火

(これは8月6日の記事です)
加古川の花火大会。
花火1
以前は加古川の堤防まで見に行っていた。
花火2
その昔は三脚にカメラを持って行ったこともある。
花火3
どうも、だんだん横着になってしまって・・・。
花火4
自宅の二階からケータイにて撮影。

PageTop