FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

直流電源装置の修理

アマチュア無線の無線機に電源を供給している直流電源装置が不調になった。
全景
しばらく前より受信していると、時折無線機が不調になっていた。無線機自体の問題かな?と思っていたのだが、先日友人が軽トラのシガーライタープラグが不調だとのことで修理をしたとき、こいつを使ってドライブレコーダーやその他電装品の動作確認をしていた時にこの電源装置の不調に気付いたのだ。無線機の不調ではなかった。
電圧系
どんな不調かというと、時折出力電圧が変動するのである。
電圧調整用のツマミがフロントパネルにあるのだが、回してもスムーズに電圧が変化しない。
此処が怪しい
ということで、カバーを外し、内部の確認。装置自体はコンパクトなのだが、結構大きなトランス(変圧器)が付いていて重い!軽いスイッチングレギュレータが電源装置のトレンドの今、なかなかレトロな作りである。
大きなトランス
果たして電圧調整ツマミはかなり安価そうな可変抵抗器が使われていた。試しに、可変抵抗器の摺動部分にゴミでもついているのではないかと思い、洗浄剤を吹き付けるも状態は変化せず。整流器自体の電圧は正常に出ており、ヒューズも切れないので整流部に問題はない。電圧変動が起きるのは電圧制御部分。時折変動するのは接触不良が原因と想定し、制御基板の上の部品を当たって行くと・・・見つかりました(^^♪、原因はこの小さな可変抵抗器の接触不良でした。こちらに洗浄剤を吹き付けて動作は良好になりました。
此処でした
故障原因の調査とか、修理はそれなりに面白いところがある。修理も趣味的なところ(もっとも、この類の機器はすべて趣味の世界の物ですが・・・)と言えなくもないが、最近は若干考え方が変わって来た。今、こんなことをしてていいのだろうかと思うようになってきたのだ。他の人から修理などを依頼された事はそれなりに対処出来れば喜んでもらえるのでいいのだが、自分の事となると何だかムダな事をしているような気になってしまう今日この頃なのである。(うまく修理できれば多少の達成感があるのは事実なのだけど)

つづきを表示

スポンサーサイト



PageTop

無線機の感度測定をやってみた

雨だし、故H氏のアンプも状況確認まではやった。
ついでに無線機の受信感度比較でもしてみるか。
JST125
測定したのはとりあえず稼働が可能であった受信機やトランシーバー4台。
周波数は3.5MHz、7MHz、21MHzの三つ。SSG(標準信号発生器)で信号を入れ、レベルを下げて行きどこまで受信できるかというもので、定性的な比較である。
FT401
比較測定したのはNRD-72H、FT-707、JST-125、FT-401の4台。
一番高感度を期待したプロユースの船舶用受信機であるNRD-72Hはそれほど高感度でなかったのは意外であった。
比較的新しい(ことも無いか?)FT-707は低い周波数では結構感度が良かったが、高い周波数はよくなかった。
私の一番のお気に入りだったJST-125はさすがに高感度であり、今回の4台中で一番感度がよかった。NRD-72Hと同じメーカーが作った無線機なのだが、プロユースのNRD-72Hは安定的性能を確保するためいたづらに感度は上げないというのがポリシーかも。
あと、驚いたのはオール真空管方式のトランシーバー、FT-401。この機種はかなり古いものである。しかし、意外と感度がよく、JST-125に次いで高感度であった。真空管式ということでの遜色は無いのだという事を感じた次第。
これ以外にもトランシーバーFT-920、受信機、NRD-302、JR-310なんかがあるのでこれらも測定してみようと思っている。

PageTop

故H氏の作品

今日は一日雨
東京八王子の故H氏の作品を稼働させてみようと思いついた。
アンプ
そう、ずいぶん以前に彼が作った6F6の真空管ステレオアンプだ。
前段は「5693」の赤玉(高信頼管)だ。
裏ブタを開け、配線を確認する。
B電源と片チャンネルのバイアス電圧のラインが外されていた。
さて、この状態を読み解く。
未だ残っている彼のブログを読み返すと・・・
バイアス電圧の調整が必要であることが読み取れた。
バイアス電圧はB電源から分圧しているため回路のこの部分がはずされていたのだろう。
しかしなぜ彼はこの先を続けなかったのか?
これを解明するには回路図を起こし、バイアス電圧を計算する、もしくはB電源を接続してバイアス電圧を測定する。
その値より彼は6F6をどのあたりで動作させようとしたのかを解明する。
更にどう不都合があったのかを推測する・・・・という流れをたどることになる。
それにより彼がこの先を続けなかった理由が見えてくるのではないか・・・。
そう彼との会話が出来るのである。


PageTop

高周波減衰器

中学校の同級生が測定器屋さんをしている。
先日同窓会があり、高周波減衰器が必要なのだと話していたら探してくれた。
アッテネータ全景
バードの10W、30dB。
アッテネータ諸元
これを無線機とスペクトラムアナライザの間に入れてスプリアスを測定する。
28MHz帯と7MHz帯で試してみる。
接続したとこ
低周波発振器で1.5kHzをマイク入力に入れ送信状態に・・・。
測定場面
+460kHz離れに-20dB落ちの強力な輻射が、また-460kHz離れにも-30dB落ちのが出ている。
測定値
これからどうすればいいのだろう?先は少々長くなりそうだ。

PageTop

スプリアス測定

(これは1月11日の記事です)
アマチュア無線局を復活しようと画策していることは以前にも書いたかもしれない。
故H氏よりいただいたスペクトラムアナライザも先日その動作確認を終え、送信機出力を低減させる高周波アッテネーターも某所から借用できた。これから一番お気に入りのトランシーバーのスプリアス測定を行う予定。アンテナカップラーが効果を発揮するかどうか?
無線機測定

PageTop