FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

SSGについて

 前の記事ではいきなり蓋を開けている写真を載せてしまったので、少し戻って前面パネルなど。
電源部はすでに撤去している状況です。
前面パネル
結構大きいです。
銘板
これが銘板。1980年製。もう38年前の機械だ。右には電電公社の印が。
稼動時間
稼動時間はわずか1時間?
ユニット方式
内部は全てユニット方式です。
接続は同軸ケーブル
ユニット間の接続はシールドケーブルか同軸ケーブル。
同軸管
場所によっては同軸管も使われていますね。
同軸コネクタ
これは同軸のコネクタ。
贅沢な作り
N型コネクタの内側も同軸管で配線(配管?)されている。真ん中の丸いのは出力信号のインピーダンス切り替えのための同軸リレー。その左は出力レベル粗調整のロータリースイッチ。ベベルギア駆動である。右上の銘板が貼ってあるのが出力微調整のポテンショメータ。更にその横はN型コネクタの内側についているインピーダンス整合器ですね。なんとも贅沢な作りです。

スポンサーサイト

PageTop

SSGの探検

ヤフオクに出ていたSSG、写真が不鮮明で諸元がわからず、型名を検索しても出てこなかった。開始金額が安かったのでダメモトと思い入札しておいたらそのままの金額で落札していました。
裏面
商品が到着して早速表面パネルより諸元を読みとると、周波数110MHz~280MHz、出力-10dBμ~110dBμ、インピーダンスは50Ω、75Ω切り替えでした。デビエーションと変調用低周波発信部の選択があるのでFM用の測定器のようでした。よく見ると電電公社の押印があったのでそちらからの放出品のようでした。電源を入れてみたのだが、周波数のディジタル表示が出ない。まあそんなものだろうと思い、早速内部の探検に行く。
電源部拡大
 最初は電源部から。出力電圧は5V、12V、24V、35Vの4系統、そのうち5Vの電源のヒューズが切れていた。新しいものに入れ替えて見たがすぐに切れる。ここが故障しているからディジタル表示が出ないのかも知れない。
 電源部はむかしながらのトランスと電解コンデンサとダイオードのブリッジ、ツエナーで安定化してあるオーソドックスなものでした。
恒温漕
 電源部の横にはアルミの箱があった。何かと思って見てみると、発振器。多分恒温漕収納の水晶発振器のようだ。何とも贅沢な構成・・・というか、測定器なのだからあたりまえなのかも知れないが。
 しかし、この周波数帯とFM専用ならば、アマチュア無線では2mFMの無線機の変調度を測るくらいしか用途はなさそうです。
 野口さん2名弱の金額で測定器の構造が見れる事は僥倖な事だと思うべきですね。

PageTop

HDDレコーダーのリモコン

別に大した内容でもないのですが・・・
先日の夜、サッカーのワールドカップを見ようと思って日頃は使用頻度の少ないHDDレコーダーを稼動させようとしたところ、リモコンが効かない?しかたがないので本体の蓋を開けて稼動はしたのだけど、今日それの修理を試みた。
1リモコン
原因は、このような機器に一番多い故障原因である電池の液漏れでした。
2電池室
電池のお尻が接する所を磨いてもなかなか復活しないのでバラしてみた。
3バラす
構造は1枚の基板に柔らかい樹脂のボタン部分が合わせられており、その上下をプラスチック製のカバーで挟んである。
4基板
液漏れは基板の裏側にまで達しており、それを綺麗にふき取り、電池接触部はヤスリで磨いてみた。リモコンは操作する機器に向ける部分に赤外線LEDが仕込まれていて、それをデジカメなどに向けてボタンを押すと発光しているのが見える。清掃を終えたリモコンは無事復活した。
昨今の家電は多くがこの赤外線リモコンで操作するようになっていてとても便利ではあるのだけど、一旦リモコンが壊れるととても不便になってしまうということを久しぶりに実感した次第でした。(しかし、リモコンが壊れて本体での操作の不便ゆえ家電製品を買い換えるという事も世間では少なからずあるのではないかと思うと何だか勿体ないような気がするのです。)

PageTop

煩悩深い事です

ヤ○オクで見つけてしまい、ポチリ。
カップラ
とうとうカップラも買っちゃいました。(中古だけど)
セット
これでロングワイヤーに給電できる環境が整ってしまった。V.S.W.Rも気持ちよく落ちるし。
トップオープン
煩悩は尽きる事を知らず、CWフィルタの状況を確認。
メカフィル
実装は2つ、一番左が空いています。CWモードの選択度切り替えはN,M,Wの三つ、確かにMとWは入感がある。この機種はメカフィル0.7kHzとクリスタルフィルタ0.32kHzがオプション設定されており、一番左の空きスペースにはクリスタルフィルタが入るようだ。でも、もう入手は無理だろうな。ま、0.7kHzでも結構分離出来ているのでいいのだけど。
 しかしながら、新スプリアスの制約もあるだろうし、局免許復活の先行きはあまり明るく無い。

PageTop

電鍵

ヤフオクでどうせ落ちないだろうけど・・・と入札してたら落ちちゃいました。
電軒
 以前より無線局の免許を申請しようと思いつつ、なかなか先に進まないのが実状です。
要するにやり方がわからない。しかし、マイクを改造し、電鍵まで買ってしまい、ついで
に言えば先週はロングワイヤーアンテナとアースを無線機まで引き込んで受信が出来
るようになった。
 後は免許(それが一番先やろ!)とアンテナカップラーです。
あー、煩悩は繰り返す。
 ところで、”電鍵”なんて言葉、もう死語?になろうとしてるんじゃないかな・・・?

稲刈り前
 田圃は水も止まり、いよいよ来週は稲刈りです。台風の影響もなくホッとしているところです。

PageTop