FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

稲刈り1回目

(これは10月14日の事です)
今年の秋は散々です。ウンカにやられ、刈り取り前には台風が来て、この記事を書いているのは今日、17日なのですが、本来2回目の稲刈りをして終わりにしようと思っていたのですが、また雨です。
副業の方も先週あたりから出張が連続し、晴天の空を恨めし気にながめながら出張している日々でした。
まあ、お天気の事はどうしようも無いことなので。
Aいねの実り
稲の出来はこんな感じです。
B穂2
良く垂れています。
B穂
全く問題ありません、見える範囲は・・・
Dウンカの害
しかし今年はウンカという害虫が大発生して、この地域だけでなく、ほかの地方でもおおきな被害がでているとのことです。
まずらしくウンカの警報まで出ましたもんね。
テレビで見たのですが、ウンカはベトナム北部から季節風で中国に渡り、そこからさらに低層ジェット気流に乗って日本へやってくるとのこと、その後2世代の世代交代をして、三世代目で大発生となるようです。今年は風向きやら日本の気候がウンカの成育には都合がよかったのでしょう。
という事でうちの水田も不幸にもやられたわけです。
C入り口
稲刈りはまず機械の入り口を手狩りします。(まさに稲刈りです)
E完了
いきなり完了。刈り取り作業中は写真なしです。
Gレンコン畑
レンコン畑の方も完了。
F取れたもみ
とれた籾を乾燥機に投入しますが、この運搬投入がとても大変。今回は平日に実施したのですべて一人でやらねばなりません。そんなときは少々過酷です。

スポンサーサイト



PageTop

樋門テスト(10月第1回目)

本日は樋門テストの日。
ゲート稼働中
朝6時より開始。
ゲート全閉
まず2門あるゲートの稼働確認。良好
予備発電機
予備発電機の稼働確認。良好
投光器
投光器の点灯試験。良好
量水板
最後に量水板の清掃。これが結構大変。長いモップを突き出して量水板を拭くのであるが、頑固な付着物まではなかなか取れない。今日はこれぐらいにしといたるわ。
9月末で今年の農業用水供給も終わり、あとは水路維持の水量のみとなる。加古川大堰での取水もぐっと減る。これからは本来の樋門の機能である洪水防御(内水排除)の作業だけとなる。
台風シーズンはまだしばらく続くが、とりあえずはひと段落。

PageTop

葉っぱものの野菜が発芽

台風の影響でよく雨が降りました。
そのおかげ?で・・・
葉っぱもの
葉っぱものの野菜が発芽していました。(柿の木の下なので落ち葉だらけですが・・・)
葉っぱもの2
水菜、菊菜、ほうれん草、チンゲンサイの4種類なのですが、蒔き方がラフだったのか少々まばらです。
ニンジン
ニンジンも結構大きくなってきました。

PageTop

干し柿

今年も干し柿を作る事が出来た。
干し柿
50個足らずだが残っていた渋柿(ヘタ虫とかいう虫の影響で大半の果実は落下してしまったのだ)を干し柿にした。
ありがたいことです。

PageTop

野菜の種まき他

まいどグリーンネタばっかりですが・・・
葉物野菜の種まきをした。
葉物野菜蒔き
先日までサツマイモが埋まっていたところ。
半年間寝かせておいた堆肥を先日大量に投入したので今日は燻炭のみを入れて畝立て。
水菜、菊菜、チンゲンサイ、ほうれん草を蒔く。
乾燥防止
乾燥防止のため、古レースカーテンをかぶせる。
ジャガイモ追肥
ジャガイモもずいぶん大きく成って来たので追肥して・・・
ジャガイモ土寄せ
土寄せをする。
今日はこのほかに大根、ブロッコリーの追肥と土寄せ。キャベツ、白菜、その他の追肥も実施した。
柿収穫
畑にある柿の収穫も、奥さんにしてもらった。蚊が多いので完全防備です。
収穫した柿
右が甘柿で左が渋柿。渋柿はいままでにどんどん実が落下していたのでもう無いのかとおもっていたが少しは残っていた。
少しではあるが、今年も干し柿が作れるなんて幸せな事である。

PageTop