FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

休日の都会

(これは1月12日の記事)
仕事が切羽詰まってきて休日出勤。
北浜
なにわ橋には車の姿もあまりなくどことなく静かな光景。
淀屋橋方向
いいお天気なのにね。
しばらくすると若手社員がぽつりぽつりと来る。結局1/3近くの社員が午前中に出勤。第4四半期になると納期の仕事も多く、こうなるらしい。わが社の「働き方改革」はいったいどうなっているのだろうか?

スポンサーサイト



PageTop

ちょっと寄り道(和歌山城)

和歌山市にある国土交通省の出先事務所へご挨拶と打ち合わせに伺った。
和歌山市へはもう数えきれないくらい来ている。しかしそれでもまだ一度も行ったことのない場所があった。
それがこちら・・・
和歌山城
和歌山城です。徳川御三家のひとつ、紀州藩のお城。広大です。
庭園
手入れの行き届いた庭園もありました。池の水はとてもきれい。
茶室
茶室もあり、お茶してきました。
河口方向
お城の天守閣からの眺めは結構よくて、紀ノ川の河口付近まで見渡せました。
地元に居りながら・・・とか、何度も来たのに・・・と思いつつ漫然と日々を過ごし、結局訪れる事がなかった場所はたーくさんある。心に余裕があり、多少はサボって訪れておくべき場所であったと思う所の多かった事。以前は生真面目だったんだろうなと思う。日本の事は実は中国のお客さんが一番良く知っているのではないだろうか?

PageTop

大津へ

(12月26日~27日の記事です)
26日は九頭竜から戻り福井と足羽川へご挨拶に。
その後京都から大津に回り滋賀国道へもご挨拶。
その夜は昔からの馴染みのスナックへ。
ひさのトイレ
懲りないやつです。
大津東海道
雨上がりの東海道(大津市中京町)を歩いて大津駅に向かう。

PageTop

天然たい焼き???

たいやき
”天然”の反対語は”養殖 ”??

PageTop

紫電改の実物大模型が出来ていた

(11月下旬ころの記事です)
11月上旬、業務の関係で加西市役所へ行った時、「鶉野未来課」という部署があった。鶉野飛行場跡地整備をする部署のようだった。
鶉野(うずらの)飛行場とは太平洋戦争末期に出来た姫路海軍航空隊の飛行場であり、今だに原型をとどめている数少ない飛行場である。
滑走路
 市の方に聞いてみると、最近紫電改の模型が出来たとのことだった。・・・ということで、後日見に行ってきたのである。
格納庫
滑走路の端には立派な格納庫が出来ており、その中に・・・
紫電改模型
ありました!結構リアルに作ってあります、月に2回ほど、日曜日に格納庫から引き出して展示するようであるが、この日は格納庫の中だった。
石碑
ここ鶉野飛行場へは、ちょうど1年前、東京福生市の故Hさんを案内したところであり、そのころの事が蘇る。
防空壕2
滑走路の近くには通信所跡がある。
防空壕
当時はこの防空壕も観覧は自由だったのだけど、今は事前予約が要るようになったようだ。
注意書き

PageTop