FC2ブログ
 

2台のクーペと”四方山果無(よもやまはてなし)”World

遍路に関するエッセイ集「日本の名随筆別巻21”巡礼”」(早坂暁編)

 4月初めより始めた四国歩き遍路はまだ半分しか進んでいないが、歩くなりに色々と思う事もあり、”区切り打ち”から帰宅する都度図書館で遍路に関する本や真言宗、般若心経に関する本を借りてきては読んでみたりしていた。少なくとも88箇所の遍路が終わるまでには”遍路とは何か?”が解るようになっていたいと思うのだが、果たしてどうなるのか?
 更にまた、この歳(還暦)になって何を今更と言われるかも知れないが、”信仰”とは何なのか?という疑問が改めて出てきたのだ。これについてもあわせて考えて行きたいと思っている。
 遍路に関する書籍は多い。
久百々の本1
 これは民宿くももにあった書籍であるが、遍路の発祥からその変遷、真言宗やその開祖である空海の事、更に旅行記やガイドブックにいたるまで各種の本が書かれている。我が市の図書館で見たものと同じ物が一つも無かったので、まだまだかなりの書籍が出ているのではないかと思う。
久百々の本2
 さて、以前に書いたかも知れないが、我が家(の先祖)は真言宗を信仰していた。(というより地元のお寺が真言宗だからご近所さん含めてすべからく真言宗なのである)だから、四国遍路に回るとき、その中で唱える”真言”や”般若心経”は初めて接したものではなかった。実は法事の時には何度も唱えていたのである。しかし年に2~3回の盆や彼岸や法事の折りはそれは単にそういうものだと認識して周囲の行動を真似ていたに過ぎないのだ。そんなものなのである。
 しかしこの度の歩き遍路は、自ら発念して回り始めたものであるから、なんぼ何でも、おこなっている行為についてその理由を認識しておかねばいけないと思ったのである。
八栗寺
 現在の遍路の各種緒元は江戸時代末期あたりに形作られたもののようで、箇所数88や、順番などはその頃形をなして来たようだ。昭和初期には本堂に加えて大師堂が造られ、1ヶ寺で2ヶ所を参拝する事になる。遍路の目的は人によって様々なのだが、下にあるように必ずしも重荷を背負っている場合ばかりではない。レクリェーション的な目的での遍路も昔からあったようである。

「生の重さ背負いて往くへんろ杖」(西岡寿美子)
「若くて身に憂いがないときに、人は怖れを知らない。怖れを知らない心は神仏からは遠い。幼児や少年が、自ら求めて神仏に近づくというのも異常だが、四十代、五十代にもなって、あまりに精神が健やかで、わずらいを知らないのも何か寒々しい。生の重さは、歳を重ねるにつれ身にしみるもののようである。」
 私は思うに生の重さは歳を重ねることで重きを感じるという場合ばかりではない。若くして逝った作家の多くも十分に生の重みを伝える書き物を残している。遍路というのは年齢には関係なく悩みや重荷、問題を解決する、もしくは解決の糸口を見つける一つの手段ととらえる事も出来るだろう。だが、遍路をして居る人は必ずしもそのような問題を持っている人ばかりでないことも事実である。
**************************************
衛門三郎

 また、遍路という行為は歩く側ばかりが主体では無い所があると思う。下記のエッセイはまさに遍路を迎え、送る側の立場での思いである。

「遍路幻想」(村上護)
「お大師さまは死んでいない。だから今も四国を回っているかも知れない。」
 伊予大洲の人、宇和島の北、八幡浜の東に住んでいた村上護るの祖母の思いである。回る側の者ではなくそれを迎え、また送る立場からの視点。
 昔の遍路は乞食が普通であった。装束も今のように決まっては居なかった。しかし、受け入れる側は村上の祖母の思いと同じ平等であった。
 それは、巡ってくる遍路の中にお大師様の化身が居られるかも知れないという思い(怖れ)であった。その背景には衛門三郎の逸話があるのだろう。(この逸話というか物語についてはまた別の場所で自分の思いを語りたいのだが・・・)そんなことを想像すると、四国の方々は何といい人ばかりだろうと思う。皮肉でもなんでもなくて本当にそのように思う。まさに“信心”そのものであろうと。
 (以上、出典:日本の名随筆別巻21早坂暁編)
(つづく)

スポンサーサイト

PageTop

四国歩き遍路ステージ4の巻き戻し(歩いたルートを列車で戻る)

(これは6月26日(水)の記事です)
台風が来るということで急遽残りの行程を取りやめて帰る事にした。
土佐くろしお鉄道の宿毛駅からJR土讃線の高知駅まで列車で帰り、そこからは高速バスである。
 8宿毛駅
何と、キップは土佐くろしお鉄道とJRが通しで買えるのですね。宿毛駅の窓口でキップを買うときにおねえさんが、JR線の特急に乗るか?なんて聞くものだから、別の鉄道会社のことだからあなたには関係無いだろ・・・と思ったのだけど、キップが通しで買えるんなら最初にそう言ってくれればこちらもとまどう事は無かったのに。
9キップ
列車はすぐに4日前に四万十川観光をした中村に着きます。
Aなかむら駅
あれよあれよと言う間に時間はどんどん遡り、おお、あそこに見えている斜張橋は入り野松原の入り口や。とか・・・
B斜張橋
あの向こうの海辺の道からこの駅を見たよな。とか・・・
Cありいがわ近く
この下の道を歩いている時はどっかに休憩所がないかなーと思っていたな・・・とか。
Dとさしらはまあたり
下の海岸縁の道から高架を眺めて、一度はあの高架を走る列車に乗ってみたいな・・・なんて思っていたのがこんなにすぐに実現するとは・・・。
E高い所
土佐佐賀の鹿島が浦のあの島も見たなー。
Fとさかが
土佐清水市のPR列車と出会いました。地元自治体も鉄道の存続に協力して居るんでしょう。
G土佐清水列車
おおっ!ここは熊井隧道が通行止めで、致し方なく、国道に戻った所だ。
H通行止めの熊井隧道
休憩出来る場所はないかと駅まで登った”いよき駅”。5日前にはここから1メートルも離れていないホームの駅名表示の前に立って居たんだ。
Iいよき駅
荷稲のこの下の道確かにここを歩いた。休憩所が無く、高架下で休んだな。
Jこの下歩いた
列車は中村より2両編成になったが修学旅行と思わしき小学生や先生が降りてしまうと、私たちの他には2~3名の客しかいない。
K列車の中
37番岩本寺のある窪川駅で土佐くろしお鉄道はJRと接続している。乗り換え時間僅か2分の間にトイレへ行き、隣のホームへ移動する。乗務員が少々焦って急かされる、しかし、この田舎でこんな窮屈なダイヤを組む方が間違って居るんでないの?1時間に1本あるかないかの列車なのに。特急に乗ればおそらく十分余裕はあったんだろう。私たちは普通にしか乗らないので普通がふつうに接続してしまえば特急の価値がなくなるため、わざとギリギリの接続時間にしているのではないかと勘ぐってしまう。私たちより年輩者は恐らく乗り継ぎは出来ないだろう。
JR土讃線の普通列車は高知を目指して走る。影野駅を過ぎる。ここは5日前に簡易郵便局で旅費が少なくなってきたのでお金をおろした所だ。ATMが無く、窓口で暗証番号を押すシステムだが、局員さんは親切に対応してくれて、お遍路姿を見て、冷たいお茶でも入れましょうといってくれた。Sさんに外で待って貰っているので、ご辞退申し上げて出てきたのだが、本当に有りがたい事である。
Mかげの
おーここは大間近くの水門。この横を歩いたな。
雨が相当強くなってきた。
N水門
午後3時頃、高知駅に到着。ここでSさんと別れ、私は岡山へ、Sさんは徳島へそれぞれ高速バスで帰宅する。Sさんにはいつもおつき合いいただき本当に感謝している。
O高知駅
 現在までで1番から39番までの39ヶ寺、跳んで80番から87番までの8ヶ寺で47ヶ寺が終わった。まだ約半分残っている。7月1日より再就職する事になったので、次はいつ行けるかは全く見通しが立たないのだが、またおつき合いをお願いします。

PageTop

四国歩き遍路ステージ4の10日目END(不本意な中断)

(これは6月26日(水)の記事です)

昨夜から天気予報を気にしている。九州では結構長雨が続いている。
熱帯低気圧が台風になり、西日本を襲うという予報がでた。
台風の中を歩くというのもなかなか厳しい修行であり、ましてや残り4日はほとんど山道。台風が近畿にも来ることになれば、引き受けている樋門操作にも出動する必要がある。
今回の行程は29日までで、今日、愛媛県に入り、29日には43番明石寺にお参りしてJR予讃線うのまち駅より松山経由で帰る予定であった。特に、今日と明日、そして明後日の夕方までは全く鉄道の無いエリアを歩くことになる。
そんな事を考えながら、二人で相談した結果、今回は残念だけどここでうち切ろうということになった。とりあえずは宿毛の駅まで歩き、次回はそこからスタートする事としようと言うことになった。
1嶋屋の中
本日中に帰り着くために、朝は早めに出発。
2嶋屋出発
工事中の高知自動車道をくぐり・・・
3高知自動車道
国道56号を宿毛目指して歩く。
4雨に煙る集落
国道と並行して高知自動車道が出来つつある。昨日山中で見つけた単独のピアもこの道の一部かも知れない。
5高知自動車道
道路標識には宇和島の文字が・・・。あと少しで愛媛だったんだけどね。
6宇和島の文字が
土佐くろしお鉄道宿毛線にはアンパンマン列車が走っていた。
7あんぱんまん列車
2時間余りで宿毛駅に到着。ここは土佐くろしお鉄道宿毛線の終点駅だ。
8宿毛駅
これより、土佐くろしお鉄道、窪川でJR土讃線に乗り換えて高知まで行き、そこから高速バスで岡山、JR三陽線で姫路、加古川へと乗り継いで行く。歩き遍路の”区切り打ち”は何処で区切るかによって旅費が大きく変わってくる。なるべく遠いところでは区切らないというのが原則なのだろうけど、今回は奇しくも最遠端地での区切りとなってしまった。でもお天気の影響なら致し方ないと思っている。
(そう、この後帰宅の貯めに乗ったルートはここ数日歩いてきたルートを逆に辿るコースとなる。それまで歩いてきた道を今度は鉄道の高架の上から眺める事になり、これまた思い出深いのである。・・・そのあたりを後ほどアップしますね)

(2019年6月26日(水)10日目(END)の行程)
  6:50 民宿嶋屋出発
   徒歩(7.5Km 8時間30分)
  8:10 ローソンで休憩
  9:10 土佐くろしお鉄道 宿毛駅到着

    台風の予報があり、今回はこれで中止とする。
    高知駅経由で高速バスにより帰宅する。

       10日目全歩行距離 7.5Km

PageTop

四国歩き遍路ステージ4の9日目(宿毛市に入る)

(これは6月25日(火)の記事です)
 昨日の40キロ行程の疲労はまだ残っていて、本日の行程ももう少し短くすれば良かった・・・と少々反省。
ならば臨機応変にみじかくすればいいのに?と言われるかも知れないが、実はステージ4の行程の中の宿泊施設は全て、出る前に予約しているのでおいそれとは変更出来ない。”通し打ち”と言われる、ずっと連続で歩く方は当日か前日くらいにくらいに予約をするのだろうけど、宿がとれなかった場合は行程を変更せざるを得ないため、それがいやなのと、”区切り打ち”で各ステージで歩く日数が決まっているため、行程はフィックスして歩いているのである。
 ということで、今日も30キロを歩くことになる。幸い、お天気も良く、朝日に煌めく海が美しい。
1出発
 一昨日歩いてきた道を少し引き返す。ロッジカメリアから県道に入っていきます。
2ロッジカメリア
県道21号をひたすら東に向かいます。
3県道21号
歩道には雑草の花盛り。
4みちしるべ
とても美しい谷川の水!まるで宝石のよう。
5宝石のような水
県道は段々山道になってきます。鬱蒼と茂った樹木のトンネルや遙か下に谷川を見ながらの道です。
途中で休憩をしていると、対岸には少々古びた道路の橋脚らしきものが?あの山の麓に高速道路の計画でもあったのか??
6何?このピアは
山道は意外と長い。昨日の疲れも残っているのかなかなか目印となる河内神社が見えて来なかったけど、やっと発見。随分時間がかかっています。
7河内神社
山ばかりだと思っていたら突然広大な果樹園が・・・。柑橘系に見えましたがいったい何でしょうね?
8広大な果樹園
途中で個人のお宅の前に休憩所があったので休ませていただきました。
9休憩所
こちらにお住まいだった方は黒潮町に引っ越されてそこでも遍路のお接待をされているとのこと。
10張り紙
おー、昨日は会わなかったけど、一昨日に四万十大橋手前のローソンで会った若者2人が追い抜いて行きました。足摺を往復したのだろうけど、結構元気そうです。お参りや休憩でタイミングがずれるので、結構前になり、後になりで、顔を合わします。そのつど、一言、二言声を掛け合い、そのうちに友達になるのです。
11二人と出会った
美しい水田風景。もう初夏の雰囲気です。
12初夏
路傍には今や珍しい井戸ポンプがあります。冷たい井戸水を汲み上げて浴びてみたいけど、水が出るまでが大変なので諦めます。
13路傍の井戸ポンプ
村立小学校の分校跡です。昭和の初期から戦後まで、人々は山深くまで入り、農業や林業をしていたのでしょう。交通機関が発達していない中、人が集まって集落が出来ると、そこには役場や学校が。しかし、戦後の交通機関や産業の発達で人々は街へ出ていき、やがて小学校は廃校、場合によっては廃村なんてところが増えてきました。この現象が良いのか悪いのかはわかりませんが?
14分校跡
巨大なタブの木のところで昼食。地元の商店のおばちゃんが樹齢は500年・・・とか言っていました。
15タブの木
四国だけではないかも知れませんが、あちこちに言い伝えのある、岩や祠があります。読んでみると興味深いですね。
16姥滝権現看板
この巨大な岩がそのエピソードのある岩。猫のひっかき跡があるんだって。へー?
17猫の爪跡石
神社のトイレ横にあった小さなメリーゴーランド。何だか物寂しい。
18メリーゴーランド
なんの変哲もない普通の民家?実は看板には”土佐三原どぶろく共同組合”とある。特区申請でどぶろく製造をしているのかも?飲んでみたい。
19土佐三原どぶろく共同組合
いよいよ宿毛市です。
20宿毛市に入る
国土交通省の中筋川ダム発見!
21ダム
休憩所もありそうなんですが・・・。
22ダム看板
私だけ少しダムに寄って行く事にしました。
23ダム下流
管理所を尋ねた後は下り坂をダッシュ!10分後には追いつく事が出来ました。(というか道端でSさんは待っていてくれた)
24あと2キロ
39番延光寺到着。その手前で先ほどの若者二人はお参りを終え、タクシーで宿泊地まで?私たちは延光寺のすぐ下の宿です。
25延光寺
延光寺はちょうどバスが着いたのか結構な賑わいでした。バス遍路の皆さんは元気で楽しそうです。そりゃ、バスの中で寝ていられますものね。(私もビール飲んで寝て行きたい)
26賑わっています
中筋川ダムでもらったダムカード。これで四国のダムカードは2枚になりました。
27ダムカード
 40キロの翌日の30キロは結構疲れました。次回はもう少し距離のバランスを考えようと思いました。

(2019年6月25日(火)9日目の行程)
  6:00 久百々出発
   徒歩(30Km山道 11時間)
  6:50 ロッジカメリア通過
  8:00 道端で休憩
  9:00 河内神社通過三原村に入る
 10:20 芳井の遍路小屋(北條さん個人)で休憩
 11:50 下長谷公会堂で昼食(巨大なタブの木のところ)
 13:50 宿毛市にはいる
 14:00 梅の木公園入り口で休憩
 14:30 中筋川ダムでトイレ休憩
 16:10 39番 延光寺参拝
 16:45 39番 延光寺出発
    徒歩(すぐ)
 16:50 民宿嶋屋(宿泊)

 民宿嶋屋  TEL:0880-66-0835
            宿毛市平田町中山311
        宿泊(1泊2食¥6,600円)2名同室
                      9日目全歩行距離 30.0K

PageTop

四国歩き遍路ステージ4の8日目(足摺岬)

(これは6月24日(月)の記事です)

 いよいよ”その日”が来ました。足摺岬へ行く日です。片道20キロの往復、はたして完走出来るか?
お天気は良さそう。カッパは置いて行ける。
1まだくらい
5時半より朝食、”民宿くもも”の女将さんからお弁当のお接待をいただき、6時過ぎに出発する。
2日の出
朝日をうけながら歩く。
3影
そうか、足摺岬は国立公園なんだ。
4国立公園
延長1キロはある”大岐(おおき)の浜”
5大岐の浜
昨日と同じくサニーロードを歩く。
6サニーロード
大岐の浜も歩きます。
7浜への道
おー、観光バスが。
8観光バス
大阪の海遊館の関連施設らしい。
9海遊館
信じられない遍路道があった。これは道とは言えないねー。海辺の砂浜の背丈ほど草が茂っている中、漂流物の上を歩く。ホントにここがルートなの?と半信半疑で歩いてゆくと、小さな遍路道の看板がありました。
10海辺の遍路道?
そこからは山の中の険しい道、ロープを伝って行くところもありました。
11ロープ道
別の山の中の集落にはこんな碑も、昔役場があったんだとか。
12役場跡
午前10時、道端で休憩。民宿くももの女将さんからいただいたお弁当を半分いただく。おこげのおむすび2つ、バナナ、乳酸菌飲料、飴など豪華版です。本当に感謝です。
13お弁当
左手には美しい海
14海
この材木は?鰹節工場があり、生の鰹を燻すためのもの。
15材木
ホエール・ウオッチングの舟が出る所。
16ホエールウオッチング看板
まだまだ遠いですね。
17まだとおい
休憩場所も無いので道端で休憩
18休憩
一昨日に出会ったお遍路さん。歩きが同じペースだと何度も出会います。
19先日会った遍路
昼前にようやく岬近くまで来ました。
20あと少し
とりあえず到着か?ジョン・万次郎の銅像がありました。
21ジョン万
お寺参拝の前に足摺岬を見に行く。海と空の美しさに感動しました。初めて来た足摺岬にも感動。そして徳島から延々歩いてやっとここまでたどり着いたという事についても感動しました。
22灯台
海の水は澄み渡っていました。
23反対側
はるか向こうにはクジラの潮吹きが・・・見えるような気がします。
感激ひとしおです。
24海ばかり
早々にお参りして・・・
25金剛福寺
引き返します。
26帰り道
帰り道は遠かった。休憩をしつつ、宿に帰着したのは18:30頃でした。
28女性会ベンチ

(2019年6月24日(月)8日目の行程)
6:10 久百々出発
   徒歩(19.6Km 5時間)
6:50 大岐松原入り口でトイレ休憩
  7:50 大阪海遊館以布利センターでトイレ休憩
  8:00 とんでもない海岸べりのへんろ道に入る
  8:40 県道347以布利分岐の道端で休憩
 10:00 道端で休憩
 11:30 足摺岬ジョン万次郎銅像でトイレ休憩
      (昼食、足摺岬見学)
11:45 38番 金剛福寺参拝
12:30 38番 金剛福寺出発
    徒歩(19.6Km 5時間)
14:00 遍路休憩所で休憩
 15:30 以布利の女性会ベンチで休憩
 17:00頃 大岐の浜北端でトイレ休憩   
18:30 久百々到着(宿泊)

 久百々  TEL:0880-84-1664
             土佐清水市久百々120
        宿泊(1泊2食¥6,500円)2名同室

8日目全歩行距離 39.2Km

PageTop